WordPress

{追記}WordPressの続きを読むの#more-と、Yahoo!のブックマーク登録ボタン

アクセス解析やGoogleのウェブマスターツールで気持ち悪いから修正

この公式ブログと社長ブログは、WordPress製である。

私は、WPもphpも未体験のシロートだったので、SEOの仕様を告げてイーティーネット社にテーマ作成を依頼している。

ある程度の小技は分かるようになってきたが、大技ではイーティネット社宮下社長におんぶにだっこのままである。

ちなみに、公式ブログでも社長ブログでも、トップページやカテゴリートップ、個別エントリーなどを開くと、サイドバーの最近の投稿は、今表示されているエントリーへのパーマリンクを除外するようにしていただいた。
イーティーネット社によるオリジナルプラグインで実装されるものである。

これで、同一ページへの重複リンクというSEO的にまずい部分を回避しながら、最近の投稿でユーザー利便性も実現しているわけだ。

今回は、私も小技に挑戦してみた。


“{追記}WordPressの続きを読むの#more-と、Yahoo!のブックマーク登録ボタン” の詳細は »

ブログでSEO Movable TypeとWordPress どちらを選ぶべきか?

結論としては自分の使いやすい方 念のため両ブログツールのシェアを調べてみたら

SEO塾のメインサイトはグリーンツリー社に委託したMovable Type製であり、社長ブログとこの公式ブログはイーティーネット社に委託したWordPress製である。

前者は、私も監修などで参加している『速効SEOブログ』の広告塔として、そしてなによりも効果測定のため、つまりビジネス的テーマをかかえて、アルゴリズム社とグリーンツリー社のノウハウを最大限に注ぎ込んだ力作である。

後者の2ブログは、アルゴリズム社がビジネス的に次のステージに上がるために、慣れ親しんだMovable Typeから、世界で一番ユーザーが多いWordPressに乗り換える必要があったわけである。
またWordPressは初体験であり、さらに私がphpの門外漢だったために、ブログとメルマガで公開募集をかけて、わが社のビジネスモデルの進行において最もパートナーに相応しいと思われるイーティーネット社と提携するにいたった。

だがしかし、私がブログをはじめたころは、ツールの選択肢はMovable Typeしかなかったような気がする…
いつ、どのようにして、Movable Typeは凋落し、WordPressは世界一となったのであろうか?


“ブログでSEO Movable TypeとWordPress どちらを選ぶべきか?” の詳細は »

ヤフー検索のブログフィルタは何を見てブログをはじくのか?

ブログフィルタで表示されるWordPress、表示されないMovable Type?

この「新SEOブログ」もようやくTDPから抜け出す手がかりをつかめそうになってきた。

SEO塾はTDPリカバリー策を9種類を発見しているが、今回はひょっとしたら10番目となるものかもしれない。

今回のエントリーはその10番目ではなく、既存の9種類の1つの話である。

お気付きの方も多いと思うが、ブログはTDPにかかりやすい。ブログの何かがTDPのフラグを立てるのは間違いないだろう。

そこで、Yahoo!のウェブ検索でブログフィルタを試しているのだが、どうもしっくりこないSERPs(検索結果)である。


“ヤフー検索のブログフィルタは何を見てブログをはじくのか?” の詳細は »

TDPプリズン・ブレイク 「新SEOブログ」トップページダウンペナルティから脱獄

TDPフィルターは2枚ある? もしくは往復チェックで、フラグを立てたり降ろしたり

恥ずかしい話だが、この「新SEOブログ」は開設以来、先ほど(2008-09-01 01:45)までTDPにかかっていた。

SEO塾の集大成、完全無欠のWPテーマなどと嘯いていたにもかかわらずだ(笑

さて、TDPキーワードは「新SEOブログ」、そしてこのブログのトップページをご覧いただきたい。
レガシーSEOが指摘する「キーワード近接度」あるいは「キーワード出現頻度(出現率)」の観点からは、なぜ? TDPから解放されたのかと不思議なはずである。


“TDPプリズン・ブレイク 「新SEOブログ」トップページダウンペナルティから脱獄” の詳細は »

Web標準をさまたげるブラウザーのCSS解釈 見栄えのためのCSSハック…

IEのblockquoteとFirefoxのtable captionの不具合

会社設立に合わせてメインサイトと2ブログを外注したのだが、あらためて思い知ったのがブラウザごとのレンダリングの違いである。

サイトの納品が完了し、こちらでCSSを少し自分用にいじってみて、あらら表示がおかしくなったという場面に出くわす。

しかも、今はブラウザーの乱立時代、OSはWindowsが圧倒的なシェアであるものの、IEの6と7、Firefoxの2と3と、それぞれがある程度のユーザーを持っているから厄介である。


“Web標準をさまたげるブラウザーのCSS解釈 見栄えのためのCSSハック…” の詳細は »

グーグルのエイジングフィルタ対抗策とは IPアドレス分散やccTLDは有効か

新設サイトが不利なら、IPアドレス分散・JPドメインなど何をやっても駄目なはず。あとは運を天に任せるだけ…

今回は、新ドメインによる3サイト開設となった。

SEOの常識としては、半年ほどは冷や飯を食らうことになる。

だがしかし、本当にGoogleにエイジングフィルタが在るのか無いのか、その真偽を確かめたい。


“グーグルのエイジングフィルタ対抗策とは IPアドレス分散やccTLDは有効か” の詳細は »

SEO塾/(株)アルゴリズムは新規3サイトを立ち上げてエイジングフィルタに挑戦

新設サイトはSEOで不利? エイジングフィルタが在るか無いか、乞うご期待

株式会社アルゴリズムは会社設立にともない、新ドメインを取得してサイトを新設している。

新規サイトはSEOで不利と言われているのだが、はたしてその通りに検索上位できずに数カ月間悩むであろうか…


“SEO塾/(株)アルゴリズムは新規3サイトを立ち上げてエイジングフィルタに挑戦” の詳細は »

新SEOブログ 新ドメインでリニューアル – SEO完全カスタマイズのWordPressテーマ

WordPressもMovable Typeも、デフォルトのテーマ・テンプレートには要注意。WPプラグインは過剰SEOの危険も

先日、WordPress(以降WPと略)のテーマ制作者を募集したのだが、メールをいただいた数社の中でもっともWPに精通し実績もあるイーティーネット株式会社に外注し、ほぼSEO的に完璧なWPブログとして公開することができた。

検索エンジンのYahoo!対Googleのごとく、ブログツールも日本ではMovable Type(以降MTと略)が非常に普及している。だがしかし、現在の世界標準は、もっともユーザーが多いブログはWordPressである。

思うところあって、将来的なビジネスモデルの実現のために、SEO塾/(株)アルゴリズムとしても慣れ親しんだ、SEO的加工に習熟していたMTから、WPに乗り換える必要に迫られていた。

ところが、WPはSEO的に大きな弱点をかかえていたのである。


“新SEOブログ 新ドメインでリニューアル – SEO完全カスタマイズのWordPressテーマ” の詳細は »