ソフトバンク

Yahoo! JAPANがソフトバンクIDCソリューションズの全株を450億円で取得

ポータルサイトが自社データセンターを所有という名目のもとに、親会社への資金供給も?

Yahoo! JAPANが、外部調達してきたデータセンターを自社所有した。

  • ソフトバンク、次世代インターネット事業の戦略的基盤構築に向けた当社子会社株式のヤフー株式会社への譲渡について


“Yahoo! JAPANがソフトバンクIDCソリューションズの全株を450億円で取得” の詳細は »

WEB制作関連職の平均年収518万円 WEBプロデューサー・プランナー職の営業割合39.0%

20-24歳258万円、25-29歳441万円、30-34歳466万円、35-39歳498万円、40歳以上598万円

定量分析とか、統計データは貴重である。

インターネット関連業種の収入なども気になるところだ。

  • ウェブ制作職の平均年収は518万円、ただし30代までは400万円台–イーキャリアプラス調査:マーケティング – CNET Japan


“WEB制作関連職の平均年収518万円 WEBプロデューサー・プランナー職の営業割合39.0%” の詳細は »

ソフトバンクがNTTのフレッツ光を販売 Yahoo!BBもフレッツ光に切り替え

名より実を、なりふり構わないソフトバンクグループの収益至上主義

ソフトバンクが、通信ライバルであるNTTのフレッツ光を販売する代理店契約を結ぶらしい。

さらには、光ファイバー回線を自社からNTTのフレッツ光に切り替えると。これはフレッツ光と提携する一プロバイダーになるということだろう。


“ソフトバンクがNTTのフレッツ光を販売 Yahoo!BBもフレッツ光に切り替え” の詳細は »

Google Danceサイトがヤフーの「グーグル」検索で1ページ目に カテゴリ登録サイトの効き目?

サイトエクスプローラーでもwww無しでインデックス表示 日Yahoo!がバックエンドに?

Google Danceという弊社管理サイトが、いつの間にかYahoo!検索「グーグル」で1ページ目に表示されていた。
GRCで確認したところ、12月1日からのようである。

  • Yahoo!検索 – グーグル


“Google Danceサイトがヤフーの「グーグル」検索で1ページ目に カテゴリ登録サイトの効き目?” の詳細は »

アンドロイドは電気羊の夢を見るか? モトローラがグーグルAndroidに夢を見る

Googleのモバイル・インターネット端末とインターネットもできるガラパゴスケータイと

モトローラと言えば、私はMacintoshから知った社名である。

創業者であり権力闘争で追い出されていたSteve JobsがAppleに返り咲き、今はIntelのCPUを採用してiMacなどが順調に売上を伸ばしているが、前はモトローラとIBMが開発したPowerPC(CPU)を採用していた。

またPowerPC時代のMacintoshは冴えない有様で、Windows 95登場で決定的に敗北したAppleの取締役連中の主たる業務は、健全な経営とか再建とかではなく、権力闘争と他社への売却交渉だったようだ。

結局、歴史に必然というものはなく、後付けで意味が付与されるだけで、Jobsの復帰がないタラレバの話ではAppleはキヤノンかIBMかサンに吸収されて、われわれはiPodもiPhoneも手にすることはなかったかもしれない。決定的なところでは偶発的な事件・事故・イベントがものをいう。

Jobsそのものが偶発性の体現者であるが、モトローラも偶発的なGoogle携帯にのめり込むようである。

  • TechCrunch Japanese アーカイブ » 万策尽きたモトローラ、Androidに社運を賭ける?

AppleやGoogleなどの畑違いの企業が、携帯電話業界に参入して波風を立てるというのは、停滞気味の産業や市場に活性化をもたらす偶発的な破壊的イノベーションとなる可能性が高い。

これは、世界史的に大所高所から見ると、情報革命のミッションを伝道しているインターネットが引き起こす大航海時代のようなものである。
インターネットを知らない・慣れていない産業・市場の先住者は、いいように侵略され蹂躙されるのである。


“アンドロイドは電気羊の夢を見るか? モトローラがグーグルAndroidに夢を見る” の詳細は »

ソフトバンクがヤフー株式会社の筆頭株主でなくなるとき

ボーダフォン買収費用1兆5千億円の返済計画の成否はいかに?

iPhoneを買ったものの、筆者はインターネットはNTTの光プレミアム、携帯電話は家族ぐるみでDoCoMoのユーザーである。

別段こだわりがあるわけでもなく、住まいが田舎なもんで、選択肢が限られるだけだ。車で山の中に入るとソフトバンク携帯は使えないのである。

とはいうものの、ネットでも携帯でも、ソフトバンクがNTT・DoCoMoユーザーにもたらした恩恵は計り知れない。価格破壊が加速され、通信費が劇的に下がったことは嬉しくてたまらない。

だがしかし、Yahoo! JAPANの筆頭株主であるソフトバンクが、ボーダフォン買収費用の返却が滞ったときには、時価総額2兆4000億円の40%(9600億円)に手を出さないか、それをSEO初心者のEvoブログが取り上げている。


“ソフトバンクがヤフー株式会社の筆頭株主でなくなるとき” の詳細は »