ソーシャルネットワーク

このブログの新しい記事は、左サイドバーの「最近の投稿記事」から。
またはヘッダー下ナビゲーションの「SEOブログ(四代目)」、
あるいは左サイドバー一番上の「アルゴリズム社のSEOブログ集大成」をクリック。

SEOテンプレート×WordPressテーマ(レスポンシブWebデザイン対応)

SEOを完全部品化(モジュール)で順位アップしやすく、ペナルティ回避万全リカバリー即対応

SEOテンプレート×WordPressテーマ(レスポンシブWebデザイン対応)

SEOテンプレート×WordPressテーマ(レスポンシブWebデザイン対応)

「SEOテンプレート×WordPressテーマ(レスポンシブWebデザイン対応)」
略称:SEO×WPレスポンシブ

SEOのコーディング設定済みで、世間で評判のレスポンシブWebデザイン対応に完全対応。

もちろん、コンテンツは同じURLで、パソコン、タブレット、スマートフォンのそれぞれのデバイスの画面に適応して表示されます。

7大特長

  • 1. レスポンシブWebデザイン対応
  • 2. WordPress 3.8対応
  • 3. SEOガイダンス
  • 4. カスタマイズ自由自在
  • 5. ソーシャル機能搭載
  • 6. Theme-Checkプラグイン対応
  • 7. W3C準拠のHTML5対応

弊社直販:SEOテンプレート×WordPressテーマ Ver.3 レスポンシブWebデザイン対応

インフォカート:SEOテンプレート×WordPressテーマ(レスポンシブWebデザイン対応)

レスポンシブWebデザイン対応

パソコン、タブレット縦横、スマートフォン縦横で、最適の画面表示

タブレットやスマホは、縦にしても横にしても、フォントサイズが変わりません。

タブレットを横にするとパソコン画面が縮小されて表示され、
タブレットの縦では横幅が画面にピッタリおさまるように表示されます。
スマートフォンでは、ナビゲーションが劇的に変わります。

WordPress 3.8に対応

WordPress 3.8.1動作確認済

劇的に機能アップした最新のWordPress 3.8に対応。

WordPress は、年3回ほどメジャーアップグレードしますが、WordPress のバージョンアップにも積極的に対応しますので安心。

詳細なSEOガイダンス付き

SEO塾/(株)アルゴリズムのベーシックなSEOを徹底解説

56ページの詳細なSEOガイダンス付き。

テンプレートとモジュールの解説から、キーワードやテキストなどのSEOコーディング設定、便利なプラグインの解説も含まれます。

SEOの初心者の方でも、SEOガイダンスどおりに設定すれば、順位アップに期待が持てます。

カスタマイズは自由自在

SEOやデザインカスタマイズ専用の設定画面

カスタマイズ用の設定画面が充実、作成できるサイトのデザインは無限大。

デザイン設定では、レイアウト、ヘッダー、ナビゲーション、サイドバー、フッター、投稿、レスポンシブ、その他の項目別にデザインを細かく設定可能。

トップページのSEOの設定も、ガイダンスどおりに入力欄に入力していくだけ。

背景画像やタイトル画像もアップロードするだけです。

HTMLやスタイルシートに詳しくなくても、サイトをデザインできます。

充実のソーシャル機能搭載

ソーシャル機能も充実

ソーシャルボタンも投稿記事に簡単に出力できます。
日本でよく使用されるソーシャルサイト、はてなブックマーク、Facebook、Twitter、Google+のソーシャルボタンを標準装備しています。
FacebookやGoogle+で活躍する、OGP(Open Graph Protocol)にも対応。

Theme-Checkプラグイン対応

WordPressのテーマとして安心

WordPress には、非常にたくさんの無料、有料テーマが存在しますが、デザインだけを見て決めてしまうと、そのテーマが、WordPress の基準に合致したテーマかどうか判断できません。

そこで、WordPressで定められているテーマの品質に関するガイドラインに適合しているかどうかをチェックするためのプラグインが、Theme-Check というプラグインです。

Theme-Checkプラグインのチェックをクリアしており、WordPressのテーマとして安心してご利用いただけるようになっています。

W3C準拠のHTML5対応

W3C準拠のHTML5でマークアップ

HTML5と合わせて、CSS3の機能も取り入れているので、デザイン性にも優れたサイトが構築できます。
HTML5でなおかつ、1カラムでも2カラムでも3カラムでもレイアウトも自由自在です。

SEO×WPレスポンシブのご購入は

弊社直販:
SEOテンプレート×WordPressテーマ Ver.3 レスポンシブWebデザイン対応

ビジネスライセンス

ビジネスライセンス

31,500円(税込み)

※以下のいずれかの条件にあてはまる場合はビジネスライセンスのご購入が必要です。

  • 10サイト以上運営予定
  • クライアントサイトに使用

インフォカートでのSEO×WPレスポンシブの購入

インフォカート:
SEOテンプレート×WordPressテーマ(レスポンシブWebデザイン対応)

アフィリエイターのみなさんへ

SEO×WPレスポンシブはアフィリエイト対象です。

今すぐ、アフィリエイター登録をしましょう!

アフィリエイトマージン
10%
2ティア(アフィリエイト)
5%
自己アフィリ
自分の紹介リンクから購入した場合は、マージンは発生しません(ご了承ください)

ja-jp.facebook.comとPageRank ソーシャルSEOとは言わないけれど…

SNSはSNS内完結で集客と売上を。ソーシャルグラフのSEO効果はやや筋違い

ソーシャル・ネットワークも盛んで、検索エンジン(あるいは検索経由のトラフィック)を浸食しているのは間違いないだろう。

ただ、ソーシャルSEOと称して、SNSでの「+」や「いいね!」、あるいはリンクが順位を大きく上げるというのも眉唾な気がする。ロングテールでちょっとだけ上がるのは有りかもしれないが…


“ja-jp.facebook.comとPageRank ソーシャルSEOとは言わないけれど…” の詳細は »

 

ソーシャル・ネットワーク facebookは私怨を晴らす仮想の社交場?

アメリカのリアルの社交場はカースト制? 肌の色や国籍や親の資産で差別がいっぱい

the Social Network

今さらながら、映画『ソーシャル・ネットワーク』を観た。


“ソーシャル・ネットワーク facebookは私怨を晴らす仮想の社交場?” の詳細は »

facebookデザインブック facebookページのカスタマイズ決定本!?

基本はアプリでiFlame、別サーバーにファイルをアップロード

facebookデザインブック

弊社facebookページに、やっとの思いでメルマガ登録フォームを設置した。


“facebookデザインブック facebookページのカスタマイズ決定本!?” の詳細は »

 

Googleのラッダイト運動あるいは不精者ペナルティ そのCMS運用が危ない!

WordPressのimg=linkやfb_xd_fragmentにも要注意

ターミネーター2 審判の日

Googleの順位変動が鬱陶しい…
ほぼ毎日変わる、しかも朝と夜とで違っている場合もある。

リアルタイム、かつ規模が小さくない、アルゴリズムの変更やペナルティの導入を推進していると思われる。

しかも、巷で評判のファーマー・アップデート、パンダ・アルゴリズムなどの背景にある、Googleの大本営、順位づけルールを決定するボスの上げたいページ・下げたいページを推理する必要があるだろう。

このエントリーの結論は、Googleは機械的な、不精者の、ソースやURLや運用を嫌っているということである。


“Googleのラッダイト運動あるいは不精者ペナルティ そのCMS運用が危ない!” の詳細は »

Facebook仕事術:樺沢紫苑 (著) faceBookビジネス活用の決定本

Facebookページ(ファンページ)でビジネスに使うAtoZならこの一冊

前回のメルマガで皆さんにご協力いただきまして、みごとFacebookページのユーザーネーム(ユニークURL)をゲットすることができました。


“Facebook仕事術:樺沢紫苑 (著) faceBookビジネス活用の決定本” の詳細は »

 

MarkeZine グーグルSEOと集客と売上のできるホームページ 連載第4回

グーグルに有効なSEOは限られている 最初から見込客を意識した集客が重要

MarkeZine連載の「グーグルSEOと集客と売上のできるホームページ」
“MarkeZine グーグルSEOと集客と売上のできるホームページ 連載第4回” の詳細は »

日本語全角記号などのURLの404エラー回避とリダイレクト WordPressプラグイン

おかしなURLでリンクされてGoogleウェブマスターツールで404エラー

Googleウェブマスターツールで404エラーが続出しました。

301リダイレクトでエラー回避するのですが、おかしなURLの場合は特別なやり方が…
そして日本語ドメインでは、そのやり方も通用しません。

さあ、どうする!?


“日本語全角記号などのURLの404エラー回避とリダイレクト WordPressプラグイン” の詳細は »