セキュリティ

このブログの新しい記事は、左サイドバーの「最近の投稿記事」から。
またはヘッダー下ナビゲーションの「SEOブログ(四代目)」、
あるいは左サイドバー一番上の「アルゴリズム社のSEOブログ集大成」をクリック。

Apple ID パスワードの再設定方法。 Apple IDのセキュリティ質問と答のリセットについて

Appleとはまったく関係のないメールアドレス、ID。そして氏名まで…

Appleとは縁もゆかりもないメールアドレスに、何回もパスワードがらみのうっとうしいメールが届く…


“Apple ID パスワードの再設定方法。 Apple IDのセキュリティ質問と答のリセットについて” の詳細は »

歴史的低視聴率でもNHK大河ドラマ『平清盛』を見るべき7つの理由

日本の偉人、人物と時代をもっと知る、勧善懲悪の否定、改革のメッセージ、起業家の先輩、不確実性、政治と軍隊

平清盛は、NHK大河ドラマ史上、惨憺たる低視聴率らしい。


“歴史的低視聴率でもNHK大河ドラマ『平清盛』を見るべき7つの理由” の詳細は »

Windows 7のバックアップと復元で 0x81000037エラーからの脱出

「保護されたオペレーティング システム ファイルを表示しない」のチェックを外して過去の失敗バックアップファイルを削除

XPまではバックアップとしてTrue Imageを使ってきた。

Windows 7では、評判の「バックアップと復元」を使ってみることに。

ところが、0x81000037のエラーメッセージがやまない。


“Windows 7のバックアップと復元で 0x81000037エラーからの脱出” の詳細は »

 

Windows XP Modeを使ってみよう。まてよセキュリティはどうなの?

IE6のシェアが増えていることもありWin7のXPモードで試してみるか…

XPデスクトップの環境をWin7に移行させて少し落ち着いたので、7をいろいろいじってみた。


“Windows XP Modeを使ってみよう。まてよセキュリティはどうなの?” の詳細は »

OutlookやWindows Live メールでフィッシング詐欺と警告 日本語ドメインの憂鬱

日本語ドメインで商用サイトを運営していたら、署名に注意

最近お付き合いがはじまった地元福山の企業の社長とのメールのやり取りで、不審なメールだと注意を受けた。


“OutlookやWindows Live メールでフィッシング詐欺と警告 日本語ドメインの憂鬱” の詳細は »

 

さよならIE6 Internet ExplorerとWindowsと他のブラウザーの歴史

Gumblar騒動で、IE6ユーザーの表示確認は放棄。リスク回避のためにIE8へ

今世間を騒がす小沢問題は人ごとだが、Gumblarは対岸の火事では済まされない。

セキュリティにもほとほと疲れてきたので、デスクトップのメインマシン、Windows XP SP3もIE6からIE8にバージョンアップした。


“さよならIE6 Internet ExplorerとWindowsと他のブラウザーの歴史” の詳細は »

Gumblar(ガンブラー)に感染したサイトをチェック 「ガンブラーのチェックがんばるー」

実際に、感染が噂されているサイトをチェックしてみると、たしかに「/*LGPL*/」が

さて、Gumblar(ガンブラー)の感染予防策 ソフトの最新版チェックとデータ実行防止(DEP)機能の有効化 で、パソコン側での予防策を講じたら、次は念のため管理サイトや訪問サイトをチェックしてみよう。


“Gumblar(ガンブラー)に感染したサイトをチェック 「ガンブラーのチェックがんばるー」” の詳細は »

 

Gumblar(ガンブラー)の感染予防策 ソフトの最新版チェックとデータ実行防止(DEP)機能の有効化

AdobeのReaderやFlashを最新版に、ブラウザーのJavaを無効化。XP SP2以上はDEP有効化

まるでデジタルの新型インフルエンザのような最近のGumblar騒動。

自家製のGumblar対策をまとめておく。

とにかく、Webサイトやら、パソコンやら、ウイルスに感染してはSEO以前の大問題である。


“Gumblar(ガンブラー)の感染予防策 ソフトの最新版チェックとデータ実行防止(DEP)機能の有効化” の詳細は »

Googleの反中国政府的プロパガンダ 政治かビジネスか IT版チャイナ・シンドローム

中国の経済的価値とグローバル化やICTビジネスのターニングポイントとなりかねない

IT版チャイナ・シンドロームか。

Googleが反中国政府的な発表を行った。


“Googleの反中国政府的プロパガンダ 政治かビジネスか IT版チャイナ・シンドローム” の詳細は »