検索

このブログの新しい記事は、左サイドバーの「最近の投稿記事」から。
またはヘッダー下ナビゲーションの「SEOブログ(四代目)」、
あるいは左サイドバー一番上の「アルゴリズム社のSEOブログ集大成」をクリック。

さようならSleipnir そしてTridentだけでなく、GeckoやWebKitのすべてのタブブラウザたち…

もうIE、FirefoxやChromeのブラウザーで十分

Sleipnir

何かを目的として、サードパーティのタブブラウザを使っているわけだが、本家の、IE、FirefoxやChromeと同じだけ、あるいはそれ以上に不具合があるとしたら、もう使用する理由がない。


“さようならSleipnir そしてTridentだけでなく、GeckoやWebKitのすべてのタブブラウザたち…” の詳細は »

2010-06-23 SEO塾セミナー 博多

SEO塾がはじめて、海を渡って開催するセミナー

失敗する「SEO対策」と、成功するSEOを解説します。
ライバルサイトのSEOを評価して、どうすれば勝てるのかを追求します。

最短で上位表示する。これが目標です。


“2010-06-23 SEO塾セミナー 博多” の詳細は »

「長照二」「筑波大学」Google急上昇ワード TBSの報道特集NEXT

のりピー覚醒剤事件よりも、一見権威があって税金も突っ込まれている場所での騒動の方が問題かも

たまたま見ていたテレビ番組、TBSの報道特集NEXT。

早速、Googleの急上昇ワードに入っている。


“「長照二」「筑波大学」Google急上昇ワード TBSの報道特集NEXT” の詳細は »

Bingのダウンペナルティ(仮説)からの解放 +ブラウザーごとに順位が違う!

「SEO ブログ」のBing検索で、この公式ブログが久々に1ページ目を奪取

Yahoo!も面倒くさい検索エンジンだが、Bingはさらに輪をかけただだっ子である。

SEO塾のBing対策のベースは、アルゴリズムはGoogle風、ペナルティはYahoo!式である。


“Bingのダウンペナルティ(仮説)からの解放 +ブラウザーごとに順位が違う!” の詳細は »

 

スクレイピングの見本、スプログの鏡 SEOのブラックホールを発見…

Googleのインデクスサーが凄いのか、Yahoo!やBingが賢いのか

私は、「SEO塾」や「株式会社アルゴリズム」をキーワードにして、Googleアラートを活用している。

ある程度の誹謗中傷は人気税としても、明らかな営業妨害や商標侵害については、日々サルベージをしているというところ…


“スクレイピングの見本、スプログの鏡 SEOのブラックホールを発見…” の詳細は »

米Yahoo!検索は「personally relevant」で絞り込み支援

2ページ目をめくるより、左サイドバーをクリックする?

就寝前にRSSチェックしたのが禍だった…

先ほど、米Yahoo!は新しい検索画面をローンチしたようだ。


“米Yahoo!検索は「personally relevant」で絞り込み支援” の詳細は »

 

Yahoo!検索はBingを採用するが、表示されるのはページの一部分。Bingは検索下請けか?

「Yahoo! Searchには検索結果の精度を高めるフィルタも組み込まれ」Bingに変わることより恐ろしい

Yahoo! Inc.の新しい試みが凄い。


“Yahoo!検索はBingを採用するが、表示されるのはページの一部分。Bingは検索下請けか?” の詳細は »

Twitterのビジネスモデル つぶやきのリアルタイム検索と#(ハッシュ)タグなどによる分類法

お金を支払う顧客と接続するサービスおよびビジネスモデルの発明「意志の経済」

ソーシャルネット最適化とは、ブログやTwitterなどをビジネスツールに変えることと思っている。

Googleが、インターネットで画期的だったのは、世界中に散らかったWebページというゴミの山から、宝物を見つけ出す方法を与えたからだろう。

そして今は、ソーシャルネットワークでも、同じようにゴミであふれかえっている。

ここからお宝を、一定の方針に基づいて抽出できるようになれば、ソーシャルネットワークはすばらしいブルー・オーシャンとして人類の前に現れるわけだ。

もちろん、ソーシャルネットワークにビジネスとして期待されるのは、垂れ流され続けるゴミどものリアルタイム検索ではないだろう。


“Twitterのビジネスモデル つぶやきのリアルタイム検索と#(ハッシュ)タグなどによる分類法” の詳細は »

 

Yahoo!はYahoo! バックエンドではBingと協力しても、フロントエンドでは競合である

Yahoo! Inc.は、メッセンジャーとメールのデザインを一新し、検索エンジンの機能を追加する計画

やはりSEO塾の予想どおりである。

検索エンジンはバックエンドであって、ユーザーに見せるものはフロントエンド。
そこに、ポータル側のビジネスモデルを仕込むことは当然である。


“Yahoo!はYahoo! バックエンドではBingと協力しても、フロントエンドでは競合である” の詳細は »

ネットの書き込みで非採用に… 解雇や契約解消などにも応用か

「企業の採用担当者によるネットでの実名検索は、検索エンジンレベルは当然のように行われている」

某掲示板やソーシャルブックマークなどで歪んだレットリテラシーを身につけてしまうと、将来的に大変になるかもという話。

フィードを登録しているお気に入りのブログのひとつ、企業法務マンサバイバルの気になるエントリー。


“ネットの書き込みで非採用に… 解雇や契約解消などにも応用か” の詳細は »