オーバーチュア

このブログの新しい記事は、左サイドバーの「最近の投稿記事」から。
またはヘッダー下ナビゲーションの「SEOブログ(四代目)」、
あるいは左サイドバー一番上の「アルゴリズム社のSEOブログ集大成」をクリック。

MicrosoftとYahoo! Inc.の検索広告提携 今度こそ決定か

Yahoo! JAPANの検索エンジンや検索連動広告は、Bing、YST、両者合体、日独自?

MicrosoftとYahoo! Inc.との、検索広告分野における提携が、来週発表されるかもしれないと。

MSとYahoo!の検索広告分野での提携、来週にも正式発表か? – 米報道 | ネット | マイコミジャーナル

米Microsoftと米Yahoo!の検索広告分野における提携が、早ければ来週にも正式発表されることになるかもしれない。

こういった水面下の交渉も、Yahoo!(YST)インデックス更新の遅延に結びついているのかな?


“MicrosoftとYahoo! Inc.の検索広告提携 今度こそ決定か” の詳細は »

「SEOブログ」Yahoo!検索でトップ表示リカバリー成功 サーバー不具合恐るべし

Yahoo! JAPANのトップページでカラーをカスタマイズ。オーガニック直上のオーバーチュア色付け

「SEOブログ」がTDP? たぶんサーバー不具合が原因 すぐ戻るはずや、Yahoo!版メルマガで公言したとおり、「SEOブログ」が無事首位に返り咲いた。


“「SEOブログ」Yahoo!検索でトップ表示リカバリー成功 サーバー不具合恐るべし” の詳細は »

ユーザーが見る検索連動広告 Yahoo!対Googleのリスティング広告

ユーザが見るのは、Yahoo!は通常検索の上、Googleは通常検索の右

リスティング広告、つまりオーバーチュアやAdWordsをユーザーがどのように見ているか、興味深い記事が。


“ユーザーが見る検索連動広告 Yahoo!対Googleのリスティング広告” の詳細は »

 

Microsoftのオンライン広告事業における2度の大失策

2000年に自社内の検索連動広告部門をつぶし、2003年に幹部のOverture買収提案を拒否

NIKKEI NET(日経ネット)の興味深い記事。


“Microsoftのオンライン広告事業における2度の大失策” の詳細は »

{追記}Yahoo! Inc.新CEOに元AutodeskのCarol Bartzが就任

AutoCADの会社のノウハウってポータルとか検索とか広告の役に立つの?

もはやYahoo! Inc.の動向やCEOに誰がなるのかなどは、ほとんど興味がなくなっているのだが、一応備忘録として。


“{追記}Yahoo! Inc.新CEOに元AutodeskのCarol Bartzが就任” の詳細は »

 

弊社社長ブログのTDP検証Yahoo!検索に表示される広告

検索上位で勝負できず広告に逃げるとは、SEO業者失格でしょ

この公式ブログで何回かエントリーしてきたTDP早期発見のためのYahoo!検索で、非常に不快な広告が表示されている。


“弊社社長ブログのTDP検証Yahoo!検索に表示される広告” の詳細は »

「SEO blog」でもレンタカーの広告 どうしたオーバーチュア?

「公式ブログ」で海外レンタカー、「blog」で国内レンタカー

以前、ヤフー「SEO塾 公式ブログ」検索でレンタカーのスポンサーサイト広告表示 で取り上げた「SEO塾 公式ブログ」でレンタカーのオーバーチュアが表示される件であるが、また似た例が見つかった。


“「SEO blog」でもレンタカーの広告 どうしたオーバーチュア?” の詳細は »

 

ヤフー「SEO塾 公式ブログ」検索でレンタカーのスポンサーサイト広告表示

これでも検索連動広告と言えるのか? 数が多いだけに広告主のミスとは言いがたい

弊社の分析では、今回のYahoo!のアルゴリズムのバージョンアップとやらは、Yahoo! JAPANの収益の柱の1つでもあるカテゴリ登録サイトの扱いを大きく変更するものと推察されるので、大規模な変動になっているはずである。

激戦キーワードは当然、商用キーワードでもあり、オーバーチュアへの出稿も多く、そしてSEOのレベルも高い。さらに、上位表示の常連はカテゴリ登録サイトがほとんどだろう。

この激戦キーワードこそ、いちじるしい順位変動が起こっている可能性が高いのである。

とはいっても、クリスマスから年末あたりと予想されるYST更新によって、また変動するわけだが…


“ヤフー「SEO塾 公式ブログ」検索でレンタカーのスポンサーサイト広告表示” の詳細は »

SEOの身の丈とeコマースサイトのビジネスモデル ヤフーの利用法

今回のYahoo!検索インデックス更新で考えるべきこと。SERPsマーケティングの限界

今回のYahoo!検索におけるインデックス更新では、通常の4位の位置に「Yahoo!ショッピング」「Yahoo!オークション」が表示されている。

このことを契機として、eコマースサイトのビジネスモデルやマーケティングを少し考えてみよう。


“SEOの身の丈とeコマースサイトのビジネスモデル ヤフーの利用法” の詳細は »