マイクロソフト

ヤフー・グーグル・マイクロソフト・アップル暴落! 株価・時価総額

この1年間で、Microsoft以外はほぼ3分の1に落ち込んでいる。日本円時価総額が

全米の景気後退、消費低迷、トレーダーの脊髄反射によって、アメリカの株式市場がとんでもないことになっている。

Yahoo!(YHOO)、Google(GOOG)、Microsoft(MSFT)、Apple(AAPL)の株価および時価総額が見る影も無くなりつつある。

株価と時価総額

今回は、約1年ほど前に比べてどうなっているか、対比させておこう。

昔のひかり今いずこ

まず、2007年の同じ頃のGYMAの株価と時価総額を再録しておく。

2007-10-18現在の株価と時価総額
 GoogleYahoo!MicrosoftApple
1株あたり($)643.5029.5031.20173.90
Market Cap199.65B39.32B292.96B150.88B
時価総額(日本円換算)22兆9,777億4兆5,253億33兆7,168億17兆3,648億

1株あたりの値は2007-10-18の時間外取引。
Market Cap(時価総額)は10-18の終値に基づく。
日本円換算の時価総額は、1ドル=115.09円。

それぞれの凋落ぶりも目立つが、なにより「1ドル=115.09円」というのも懐かしい。

株価の推移

Microsoftをのぞいて、他は日本円時価総額がほぼ3分の1に落ち込んでいる。

株価は、GoogleとAppleが約半分。Yahoo!の下落ぶりが突出している…

  • GOOG: Google Inc.
  • YHOO: Yahoo! Inc.
  • MSFT: Microsoft Corporation
2008-11-20現在の株価と時価総額
 GoogleYahoo!MicrosoftApple
1株あたり($)263.009.2017.6880.68
Market Cap81.70B12.40B 155.94B71.55B
時価総額(日本円換算)7兆6,872億1兆1,667億14兆6,724億6兆7,321億

1株あたりの値は米時間2008-11-20の時間外取引。
Market Cap(時価総額)は11-20の終値に基づく。単位ビリオンドル。
日本円換算の時価総額は、日本時間10-21現在1ドル=94.09円。

マイクロソフトの直販サイト イノベーションか白いブラックスワンか

MSは、インターネットのビジネスモデルを広告から販売・課金へシフトさせる?

Microsoftは11月17日、自社製品専門の直販サイトをオープンした。

ダウンロード版もあって、パッケージがゴミにならないメリットはあるが、総じて価格は高めである。Amazonや他のソフト通販サイトの方がポイントも付いて安い。

本気で売る気があるのだろうか? それとも別の何かをやるための布石、実験なのか?


“マイクロソフトの直販サイト イノベーションか白いブラックスワンか” の詳細は »

Windows Azureとマイクロソフトの野望 クラウドにも帝国を

インターネットのビジネスモデルで広告からクラウドへ舵を切ったMS

Windows AzureがMicrosoftのクラウドOSだとか、MS版の「Google App」とかホスティングサービスとか言われてもピンと来なかった。

実際、ICT系のブログでも大きく扱われてはいないようだ。って鈍感なのは私だけ?

ちなみに、azureは「アジャー」と読むらしい。空色、青空という意味である。


“Windows Azureとマイクロソフトの野望 クラウドにも帝国を” の詳細は »

グーグル(GOOG)300ドル割れ ヤフー(YHOO)10ドル台 マイクロソフト(MSFT)20ドル割れ

底なしの株価下落傾向。でも資金があれば超買い時かも

Googleの株価も下がる一方で、とうとう300ドルを割っている。

他方、Yahoo!も10ドル台に突入である。


“グーグル(GOOG)300ドル割れ ヤフー(YHOO)10ドル台 マイクロソフト(MSFT)20ドル割れ” の詳細は »

StarSuiteがGoogleパックから消えた… Sun MicrosystemsがMSと電撃提携

SunのJavaランタイムにLive Search機能付きIE用ツールバーが抱き合わせ?

Sun MicrosystemsがGoogleとの提携を破棄して、創業者のスコット・マクネリ(Scott McNealy)が蛇蝎(だかつ)のごとく嫌っていたMicrosoftと提携したようだ。

  • サン、検索での協力関係をグーグルからMSに乗り換える – オール・アバウト・マイクロソフト – ZDNet Japan

念のためにGoogleパックのページを開いてみると、


“StarSuiteがGoogleパックから消えた… Sun MicrosystemsがMSと電撃提携” の詳細は »

グーグルAndroidのビジネスモデルは何か? MSのCEOバルマーの批判

Androidをタダで配って広告を表示するだけ? モバイルOSは収益なしで開発継続できるのか

MicrosoftのCEOであるSteve Ballmerが、オーストラリアで開催された投資家向けイベントで、GoogleのAndroidのビジネス的弱点を攻めた。

それでは、帝国を築いた大人が語るビジネスとは…

GoogleのAndroidのビジネスモデルとは

バルマーは、インターネットにおけるGoogleのビジネスモデルは、ある意味で称賛しているし、Microsoftも追いつき追い越せとGoogleを目標にしている。

しかし、彼によると、まずGoogleはAndroidを市場に投入するまでに時間がかかり過ぎていると言う。
つまり、Googleの技術力は、モバイルOSを簡単に公開できるほどのレベルに達していないと言いたげである。

次に、Androidには明確なビジネスモデルがないことを問題視する。
利益を得ることができないものでは、投資家を納得させることができないだろうと。(この発言は特に投資家向けの会合だったこともあるだろう)

結局、PCと同じ検索連動広告だけが収入をもたらし、AndroidはGoogle検索を普及させるためだけの手段だろうと。
利益がなく、手段に過ぎないモバイルOSを開発し続けることができるだろうか?

これは、それ自体は収益をもたらさず、Windowsの驚異を駆逐するためにタダでばらまき、ブラウザー戦争が終結した途端に開発がなおざりになった、Internet Explorerの例を頭に描いて言ったのかもしれないが…

しかし、GoogleはMicrosoftほどではないにしても、十分にお金持ちになっているわけだから、モバイルOSをタダでばらまいて先発を脅かし、後発の参入障壁を高くして、独り勝ちを強力に進めるという戦略もありだろう。

それにAndroidはオープンソースであるから、ボランティア的なマッシュアップも期待できる。
電話機メーカー自体も、自社で機能アップさせるだろう。

バルマーの論によれば、iPhoneはまともということだ。

そして逆に、バルマーに理解できないからこそ、Androidは成功を約束されるのかもしれない。

米ヤフー株 Y!ヤンが売るよと言って上がりMSバルマーが買わないと言って下がる

何と脊髄反射の米株式市場。だから金融危機も起こるのでは

Yahoo! Inc.のCEOであるJerry Yangが、Microsoftへの売却もあるような発言をした。
YHOOの株価が上がって14ドルを超えた。

MicrosoftのCEOであるSteve Ballmerが、もはやYahoo!には興味がないと言う。
さて、今はじまったニューヨーク市場では、YHOOが10ドル台に突入している。

Microsoft(MSFT)は、買収費用の財務的圧迫がないと判断されてか、上がっている。

Google(GOOG)も、MS・Yahoo!連合という競合の脅威がないと見られてか、上がっている。

なんともはや、脊髄反射の一喜一憂、アメリカの株式市場もおかしいのでは?

ヤンは株価維持のためにMSの名を挙げただけかもしれないし、バルマーも安く買いたたくブラフかもしれない。

ほんと、くだらない。

  • GOOG: Google Inc.
  • YHOO: Yahoo! Inc.
  • MSFT: Microsoft Corporation

ヤフーの検索広告におけるグーグルとの提携が司法省との協議のために延期

反トラスト法に沿ってYahoo!はGoogle AdSense表示による収益改善を阻止される?

Yahoo!とGoogleは、検索広告での提携を若干延期した。司法省との協議を継続するために、提携の開始を短期間延期するとのことである。

  • 米グーグルとヤフー、検索広告の提携を若干延期 | テクノロジーニュース | Reuters

だがしかし、Yahoo! Inc.は独力で収益改善できないとすれば、いぜんとしてMicrosoftなどに買収されるか、または独立を維持しながら倒産に向かって縮小均衡の自然死を選ぶしかないのだろうか?


“ヤフーの検索広告におけるグーグルとの提携が司法省との協議のために延期” の詳細は »

オープンソース・グーグル・アップル マイクロソフトの驚異

MS報告書「対抗するビジネスモデルによる減収および営業利益率低下の可能性」

Microsoftは米証券取引委員会(SEC)に年次報告書を提出している。

MS社の財務データと合わせて、競合の驚異をレポートしているらしい。

  • マイクロソフト、グーグルとアップルの脅威を分析:ニュース – CNET Japan


“オープンソース・グーグル・アップル マイクロソフトの驚異” の詳細は »