マーケティング

このブログの新しい記事は、左サイドバーの「最近の投稿記事」から。
またはヘッダー下ナビゲーションの「SEOブログ(四代目)」、
あるいは左サイドバー一番上の「アルゴリズム社のSEOブログ集大成」をクリック。

野球とSEO 「弱くても勝てます」: 開成高校野球部のセオリー: 高橋 秀実

イノベーションも、持続的な改良や改善ではトップクラスに勝つわけがない

「弱くても勝てます」: 開成高校野球部のセオリー: 高橋 秀実

この本は、イノベーションのケーススタディとして、かなり衝撃的。

常識的、一般的な方法論では、下位は上位に勝てない。
ローレベルの者は、ハイレベルの者が習熟している考え方ややり方では無理じゃないの?

よって、新規参入組や万年下位の者は、常勝の方法論を真似しても、永遠の負け組になりかねない。

つまり、持続的イノベーション(改良・改善ごとき)では、絶対にトップくらいに追いつけないから、
非常識な破壊的イノベーション(革命)の一択なのである。


“野球とSEO 「弱くても勝てます」: 開成高校野球部のセオリー: 高橋 秀実” の詳細は »

Twitterのビジネスモデル つぶやきのリアルタイム検索と#(ハッシュ)タグなどによる分類法

お金を支払う顧客と接続するサービスおよびビジネスモデルの発明「意志の経済」

ソーシャルネット最適化とは、ブログやTwitterなどをビジネスツールに変えることと思っている。

Googleが、インターネットで画期的だったのは、世界中に散らかったWebページというゴミの山から、宝物を見つけ出す方法を与えたからだろう。

そして今は、ソーシャルネットワークでも、同じようにゴミであふれかえっている。

ここからお宝を、一定の方針に基づいて抽出できるようになれば、ソーシャルネットワークはすばらしいブルー・オーシャンとして人類の前に現れるわけだ。

もちろん、ソーシャルネットワークにビジネスとして期待されるのは、垂れ流され続けるゴミどものリアルタイム検索ではないだろう。


“Twitterのビジネスモデル つぶやきのリアルタイム検索と#(ハッシュ)タグなどによる分類法” の詳細は »

改正特定商取引法・割賦販売法 平成21年12月1日から施行 ECサイトのコンプライアンス

説明会は全国で実施中。9月9日の岡山会場など。

先だっての改正薬事法では、楽天の三木谷社長が先頭になって、ECサイトがこうむる官製不況を阻止しようと頑張っている。

そして今度は、すべてのECサイトも逃れられない特定商取引法・割賦販売法が改正され、平成21年12月1日から施行される。


“改正特定商取引法・割賦販売法 平成21年12月1日から施行 ECサイトのコンプライアンス” の詳細は »

麻生さんの悪あがき方策一覧 ECサイトやインフォプレナーの他山の石

ビジネスモデルとして、麻生太郎、内閣、自民党のドタバタから学習

秀逸なエントリー。

記録として)麻生さんの悪あがき方策一覧 – Chikirinの日記

いよいよ麻生政権も、いつ終焉の日を迎えても不思議ではなくなってまいりましたので、今日はいままでに麻生政権が取り組んできた“支持率アップ策”の諸々についてまとめておきたいと思います。

これらの方策の甲斐も無く今日の現実があることは、なかなか皮肉なことですが、支持率低迷に悩むであろう将来の総理大臣にも参考にしていただけるアイデアが多く含まれているかと思います。


“麻生さんの悪あがき方策一覧 ECサイトやインフォプレナーの他山の石” の詳細は »

 

Google Ad Planner(アドプランナー)をオモチャにしてみる

当然、自サイトだけでなく競合サイトや有名サイトも解析する

Google Ad Plannerがおもしろい。

昨日の府中商工会議所有志のWeb勉強会でも盛り上がったところだ。


“Google Ad Planner(アドプランナー)をオモチャにしてみる” の詳細は »

Google Ad Planner(アドプランナー) 訪問ユーザーを解析するアルゴリズム

閲覧者の性別とか学歴とか年齢とか収入とか。GoogleはECサイトのネ申か…

GoogleがAd Plannerなるものをローンチしている。

広告の企画屋ってことか?


“Google Ad Planner(アドプランナー) 訪問ユーザーを解析するアルゴリズム” の詳細は »

 

情報商材で騙されないために SEOを含むぼったくり業者の見分け方

お金を稼ぐことは簡単ではないし、初心者ごときにお金を出す人に失礼でしょ

立て続けのセミナーや、新システムの準備に追われ、ブックマークしっぱなしだったページ。

  • 情報商材で騙されないために | Adsense Mania|アドセンスマニア

優れた人は、着眼点も文体も魅力的である。掲示板やソーシャルブックマークで唾を吐くルサンチマン野郎どもとは大違い。


“情報商材で騙されないために SEOを含むぼったくり業者の見分け方” の詳細は »

Google TrendsとSEOで「悪意」をエスカレートさせるサイバー犯罪者

ECサイトも模倣すべき旬のキーワードによるトラフィック獲得とマーケティングの手法

テクノロジーは、戦争や犯罪やアダルト産業などで、さかんに発展するといわれているが、まさしくその通り。


“Google TrendsとSEOで「悪意」をエスカレートさせるサイバー犯罪者” の詳細は »

 

著作権の21世紀対応 デジタルデータ無料化の波とレーベルの生き残る道

大手レコード会社重役「われわれは、録音された音楽が無料になっていくことを完全に理解している」

日本では、インターネット時代に逆行するアンシャンレジューム(三木谷浩史氏)が、なりふり構わず官僚どもを動員するという得意技で、政治家や第一秘書どころではない利権むき出しの姿勢を示している。

それを打ち消すような、非常にショックを受けたTechCrunchの記事。


“著作権の21世紀対応 デジタルデータ無料化の波とレーベルの生き残る道” の詳細は »

広告費2009年はインターネットが新聞を抜く? モバイルが牽引

「グッチのクマの法則」、にもかかわらずモバイル出稿をためらう企業

電通の2008年の日本の広告費の発表から。

日本の広告費、インターネットが今年にも新聞を抜く勢い:イザ!

媒体別にみると「新聞」が-12.5%と大幅に減少、雑誌も-11.1%、テレビは-4.4%。インターネットは+16.3%となるも2006-2007年の20%を超える増加とはならなかった。この結果、今年にはインターネットが新聞を抜きそうな感じだ。


“広告費2009年はインターネットが新聞を抜く? モバイルが牽引” の詳細は »