ビジネスモデル

グーグルAndroidのビジネスモデルは何か? MSのCEOバルマーの批判

Androidをタダで配って広告を表示するだけ? モバイルOSは収益なしで開発継続できるのか

MicrosoftのCEOであるSteve Ballmerが、オーストラリアで開催された投資家向けイベントで、GoogleのAndroidのビジネス的弱点を攻めた。

それでは、帝国を築いた大人が語るビジネスとは…

GoogleのAndroidのビジネスモデルとは

バルマーは、インターネットにおけるGoogleのビジネスモデルは、ある意味で称賛しているし、Microsoftも追いつき追い越せとGoogleを目標にしている。

しかし、彼によると、まずGoogleはAndroidを市場に投入するまでに時間がかかり過ぎていると言う。
つまり、Googleの技術力は、モバイルOSを簡単に公開できるほどのレベルに達していないと言いたげである。

次に、Androidには明確なビジネスモデルがないことを問題視する。
利益を得ることができないものでは、投資家を納得させることができないだろうと。(この発言は特に投資家向けの会合だったこともあるだろう)

結局、PCと同じ検索連動広告だけが収入をもたらし、AndroidはGoogle検索を普及させるためだけの手段だろうと。
利益がなく、手段に過ぎないモバイルOSを開発し続けることができるだろうか?

これは、それ自体は収益をもたらさず、Windowsの驚異を駆逐するためにタダでばらまき、ブラウザー戦争が終結した途端に開発がなおざりになった、Internet Explorerの例を頭に描いて言ったのかもしれないが…

しかし、GoogleはMicrosoftほどではないにしても、十分にお金持ちになっているわけだから、モバイルOSをタダでばらまいて先発を脅かし、後発の参入障壁を高くして、独り勝ちを強力に進めるという戦略もありだろう。

それにAndroidはオープンソースであるから、ボランティア的なマッシュアップも期待できる。
電話機メーカー自体も、自社で機能アップさせるだろう。

バルマーの論によれば、iPhoneはまともということだ。

そして逆に、バルマーに理解できないからこそ、Androidは成功を約束されるのかもしれない。

ブロガーにSEOの7通りのアドバイス 検索されるブログの書き方

タイトル、見出し、画像と説明文、読者は誰か、ノンスパム、ブログの目標、コアな情報

先にエントリーした、ブロガーに役立つ広告のカリスマの7通りのアドバイス に倣って、どうすれば個別のエントリーが検索されるようになるか、特にロングテールにおいて効果バツグンのやり方をまとめておこう。


“ブロガーにSEOの7通りのアドバイス 検索されるブログの書き方” の詳細は »

ネットイナゴや割れ窓理論や コミュニティビジネスが成功する秘訣

上手なネットイナゴ・割れ窓防止策 サイト運営のビジネスモデルと経営者のポリシー

ブロゴスフィアという言葉を覚えたり(笑、ソーシャルネットワークよりもブログの方が販売に結びつくなどの統計データによって、ブログの再認識、再検証に励んでいるところだ。

最後に、コミュニティビジネスについて、エントリーしているブログを紹介するが、その前に…


“ネットイナゴや割れ窓理論や コミュニティビジネスが成功する秘訣” の詳細は »

アンドロイドは電気羊の夢を見るか? モトローラがグーグルAndroidに夢を見る

Googleのモバイル・インターネット端末とインターネットもできるガラパゴスケータイと

モトローラと言えば、私はMacintoshから知った社名である。

創業者であり権力闘争で追い出されていたSteve JobsがAppleに返り咲き、今はIntelのCPUを採用してiMacなどが順調に売上を伸ばしているが、前はモトローラとIBMが開発したPowerPC(CPU)を採用していた。

またPowerPC時代のMacintoshは冴えない有様で、Windows 95登場で決定的に敗北したAppleの取締役連中の主たる業務は、健全な経営とか再建とかではなく、権力闘争と他社への売却交渉だったようだ。

結局、歴史に必然というものはなく、後付けで意味が付与されるだけで、Jobsの復帰がないタラレバの話ではAppleはキヤノンかIBMかサンに吸収されて、われわれはiPodもiPhoneも手にすることはなかったかもしれない。決定的なところでは偶発的な事件・事故・イベントがものをいう。

Jobsそのものが偶発性の体現者であるが、モトローラも偶発的なGoogle携帯にのめり込むようである。

  • TechCrunch Japanese アーカイブ » 万策尽きたモトローラ、Androidに社運を賭ける?

AppleやGoogleなどの畑違いの企業が、携帯電話業界に参入して波風を立てるというのは、停滞気味の産業や市場に活性化をもたらす偶発的な破壊的イノベーションとなる可能性が高い。

これは、世界史的に大所高所から見ると、情報革命のミッションを伝道しているインターネットが引き起こす大航海時代のようなものである。
インターネットを知らない・慣れていない産業・市場の先住者は、いいように侵略され蹂躙されるのである。


“アンドロイドは電気羊の夢を見るか? モトローラがグーグルAndroidに夢を見る” の詳細は »

情報起業家あるいはインフォプレナーの常套文句「期間 限定 先着 値上」

情報商材は、DVDやCDやPDFや資料やら、マニュアル、パッケージ、テンプレート

私は、情報を商材にして起業している。

情報起業家であり、かっこよく言えばインフォプレナーである。

ところが、情報起業とかインフォプレナーとか 資本をかけずオリジナル情報やノウハウでビジネス でエントリーしたように、情報商材、情報起業、インフォプレナーは、実に評判が悪い。

そこで、「期間 限定 先着 値上」を、GoogleとYahoo!で検索してみた。

「期間 限定 先着 値上」

社長ブログの記事にもあるとおり、評判の悪い情報商材の販売ページには、独特の決まり文句がある。

  • 期間限定
  • 先着○名
  • あと□名で販売終了
  • △月▽日から値上げ

そこで、これらを組み合わせて、GoogleとYahoo!で検索にかけてみたが、

数は意外に少ない。

もっと違う検索キーワードがあるのだろうか?

驚くのは、スニペット(ページ説明文)である。
Yahoo!の方はごちゃごちゃしているが、Googleでは、非常に勉強になりそうな文章が出てくる(笑

そしてもっと驚くのは、扱う商材名が同じでURLが違っているケースをよく見かけるのである。

これは、同一人が複数サイトを運営しているか、そうでなければアフィリエイトで元締めが背後に控えているのだろう。
あるいは、情報商材を仕入れて複数の人間がそれぞれ売りさばいているのかもしれない。

こういった連中にも、SEOは悪用されるんだろうなぁ…

ヤフーの検索広告におけるグーグルとの提携が司法省との協議のために延期

反トラスト法に沿ってYahoo!はGoogle AdSense表示による収益改善を阻止される?

Yahoo!とGoogleは、検索広告での提携を若干延期した。司法省との協議を継続するために、提携の開始を短期間延期するとのことである。

  • 米グーグルとヤフー、検索広告の提携を若干延期 | テクノロジーニュース | Reuters

だがしかし、Yahoo! Inc.は独力で収益改善できないとすれば、いぜんとしてMicrosoftなどに買収されるか、または独立を維持しながら倒産に向かって縮小均衡の自然死を選ぶしかないのだろうか?


“ヤフーの検索広告におけるグーグルとの提携が司法省との協議のために延期” の詳細は »

Google Chromeとグーグルのビジネスモデル

ゲイツとかジョブズとか、カリスマ不在のGoogleの収益の将来性は

米経済の雇用減や消費低迷などを受けて、Google(GOOG)も一段と値を下げている。

もちろん、株価といえばYahoo!(YHOO)も18ドルを切って株主の損失も計り知れない。だが、今回はYahoo! Inc.の先行きについては触れずにおこう。

さてGoogle(GOOG)は、かつては700ドルを超えた株価も今は450ドルと、米経済の落ち込み以上に値を下げている。時価総額もAppleが上回り、実際いいところがない。

だがしかし、やはりGoogleの収益の将来性には期待できると言う人がいる。


“Google Chromeとグーグルのビジネスモデル” の詳細は »

オープンソース・グーグル・アップル マイクロソフトの驚異

MS報告書「対抗するビジネスモデルによる減収および営業利益率低下の可能性」

Microsoftは米証券取引委員会(SEC)に年次報告書を提出している。

MS社の財務データと合わせて、競合の驚異をレポートしているらしい。

  • マイクロソフト、グーグルとアップルの脅威を分析:ニュース – CNET Japan


“オープンソース・グーグル・アップル マイクロソフトの驚異” の詳細は »