ビジネスモデル

ペラサイトでAdSense SEOとアフィリエイトとWeb・HTMLとブログ

HTML1枚もののペラサイト。ペラペラのサイトだからペラサイト? すべては「善悪の彼岸」

GoogleのAdSense公式ブログがある。

そして、「AdSense最適化のエッセンス」なるものものもエントリーしている。

  • Inside Adsense – 日本語
    • Inside Adsense – 日本語: 最適化のエッセンス

これは、広告に限らずユーザーにクリックされやすいナビゲーションの配置など、非常に参考になるなぁと感心していたのだが、ここからいろいろググっていって「ペラサイト」という聞きなれない言葉に遭遇した。これも知らなかったのは私だけ?

ペラサイトって…


“ペラサイトでAdSense SEOとアフィリエイトとWeb・HTMLとブログ” の詳細は »

ニューヨークタイムズは生き延びられるのか 新聞やテレビの滅亡の兆候?

オールドメディアの虎の子の広告収入は長期低落傾向

気になる記事。

  • 歌田明弘の『地球村の事件簿』: ニューヨークタイムズは生き延びられるのか

オンライン広告収入は伸びている。だがしかし…

何度も繰り返しているように、インターネットにおけるビジネスモデルは、

  1. 販売
  2. 課金
  3. 広告

の、3つしかない。

そして、新聞やテレビも、経営の屋台骨は広告収入である。あとは、自社コンテンツの出版やDVDなどの販売になるか。

ニューヨークタイムズも、オンライン版の方の広告収入は伸びているらしい。

だがしかし、本来の新聞紙版の方は、発行部数も広告収入も、落ち続けていると。

記事によると、Googleに代表されるインターネットの台頭も原因だろうが、もっとも大きいのはソーシャルメディアの隆盛ではないのか、とある。

結局は、新聞やテレビなどの有用性と、それを支えるビジネスモデルが、21世紀は特に乖離が顕著になってきたのである。

いつかは、必ず新聞やテレビはなくなってしまうのだろうか?

世帯年収と消費スタイル 「時間」がWeb購入やこだわり、口コミ情報の影響につながる

年収が高いほどインターネットで購入かつこだわりも強い。職業でもある傾向が

Webマーケティングガイドでは、商用サイトにとってかなり有益なマーケティングデータが公開される。

今回もまた、非常におもしろい調査結果が出ているようだ。

お金がある家は時間がない。よってインターネットでよく買い物をして、口コミなんかを読むヒマもない。
職業的にも、お金が自由にならず、時間がたっぷりの学生や主婦は、特に口コミに影響を受ける。


“世帯年収と消費スタイル 「時間」がWeb購入やこだわり、口コミ情報の影響につながる” の詳細は »

情報通信白書平成20年版 『ネット視聴率白書 2008-2009』と一緒にアマゾンで買おうとしたら

どんな内容かと検索してみたら、ネット通販のページばかりで鬱陶しい。ところが…

先ほど、SEOの身の丈とeコマースサイトのビジネスモデル ヤフーの利用法 で衣袋宏美氏のサイトを紹介したが、彼の著書『ネット視聴率白書 2008-2009』を買ったからだ。
ちなみに、衣袋 宏美は「いぶくろ ひろみ」と読む。男性である(笑

  • Amazon.co.jp: ネット視聴率白書 2008-2009: 衣袋 宏美: 本

最近ブログのフィードのリストラに拍車がかかっているが、誰も彼も、定性分析はしても定量分析がほとんどない。つまり、情報に価値がないからだ。

数サイトの数十キーワードの上がり下がりでSEOを語ったり、管理サイトを含む数サイトの事例でマーケティングを述べたり、数字や客観的データの裏付けに乏しくて、自己満足型の駅前の演説のようなブログにはウンザリである。

私も、同じ穴の狢かと大きく反省して、より定量分析を、数値的裏付けを取ってからと、ビジネスもブログもそういった方向性を高めたい。


“情報通信白書平成20年版 『ネット視聴率白書 2008-2009』と一緒にアマゾンで買おうとしたら” の詳細は »

SEOの身の丈とeコマースサイトのビジネスモデル ヤフーの利用法

今回のYahoo!検索インデックス更新で考えるべきこと。SERPsマーケティングの限界

今回のYahoo!検索におけるインデックス更新では、通常の4位の位置に「Yahoo!ショッピング」「Yahoo!オークション」が表示されている。

このことを契機として、eコマースサイトのビジネスモデルやマーケティングを少し考えてみよう。


“SEOの身の丈とeコマースサイトのビジネスモデル ヤフーの利用法” の詳細は »

マイクロソフトの直販サイト イノベーションか白いブラックスワンか

MSは、インターネットのビジネスモデルを広告から販売・課金へシフトさせる?

Microsoftは11月17日、自社製品専門の直販サイトをオープンした。

ダウンロード版もあって、パッケージがゴミにならないメリットはあるが、総じて価格は高めである。Amazonや他のソフト通販サイトの方がポイントも付いて安い。

本気で売る気があるのだろうか? それとも別の何かをやるための布石、実験なのか?


“マイクロソフトの直販サイト イノベーションか白いブラックスワンか” の詳細は »

オンライン広告、ついにゼロ成長へ って何を煽っているのか? 「成長」もおかしい

ゼロ成長とか言いだしたら自動車や金融関係はどう評価するべきか…

いつもは、鋭意の記事を出してくるTechCrunchだが、今回はいただけない。

  • オンライン広告、ついにゼロ成長へ

第3四半期の成長はほぼ停止したといってよい。このウェブ先駆者4社の広告売上を合わせた前期からの伸び率はわずかに0.6%だった。

そもそも、世界的規模で経済的な混乱が生じているのに、あるジャンルだけをピックアップして「成長」という表現はいかがなものか。

オンライン広告事業全体で現状維持とか、Googleは成長し続けているとか、逆に特筆すべきことは多いと思う。

この期におよんで、ガンガン「成長」しているアメリカの業界を教えて欲しい。

Windows Azureとマイクロソフトの野望 クラウドにも帝国を

インターネットのビジネスモデルで広告からクラウドへ舵を切ったMS

Windows AzureがMicrosoftのクラウドOSだとか、MS版の「Google App」とかホスティングサービスとか言われてもピンと来なかった。

実際、ICT系のブログでも大きく扱われてはいないようだ。って鈍感なのは私だけ?

ちなみに、azureは「アジャー」と読むらしい。空色、青空という意味である。


“Windows Azureとマイクロソフトの野望 クラウドにも帝国を” の詳細は »

アップルが独自検索エンジンを開発中という噂

iPhone用オリジナル検索画面か、打倒Microsoftの野望か

Appleが独自の検索エンジンを開発しているのではという噂が流れているらしい。

  • Appleが独自検索エンジンを開発中?
  • アップル、独自に検索エンジンを開発中とのうわさ:マーケティング – CNET Japan

しかし、Microsoftでもどうにもならない、Yahoo!も投資家から検索エンジンを捨てよと催促されている、そんな実状でAppleがGoogleの虎の尻尾を踏むのだろうか?


“アップルが独自検索エンジンを開発中という噂” の詳細は »

{感想追記}デジタルネイティブ NHKスペシャルで放送 インターネットビジネスの転換

デジタルネイティブによって増幅されるデジタルデバイド

本日、つまり2008年11月10日(月) の午後10時~10時49分にNHK総合テレビで「NHKスペシャル:デジタルネイティブ ~次代を変える若者たち~」が放送される。


“{感想追記}デジタルネイティブ NHKスペシャルで放送 インターネットビジネスの転換” の詳細は »