広告

ヤフー「SEO塾 公式ブログ」検索でレンタカーのスポンサーサイト広告表示

これでも検索連動広告と言えるのか? 数が多いだけに広告主のミスとは言いがたい

弊社の分析では、今回のYahoo!のアルゴリズムのバージョンアップとやらは、Yahoo! JAPANの収益の柱の1つでもあるカテゴリ登録サイトの扱いを大きく変更するものと推察されるので、大規模な変動になっているはずである。

激戦キーワードは当然、商用キーワードでもあり、オーバーチュアへの出稿も多く、そしてSEOのレベルも高い。さらに、上位表示の常連はカテゴリ登録サイトがほとんどだろう。

この激戦キーワードこそ、いちじるしい順位変動が起こっている可能性が高いのである。

とはいっても、クリスマスから年末あたりと予想されるYST更新によって、また変動するわけだが…


“ヤフー「SEO塾 公式ブログ」検索でレンタカーのスポンサーサイト広告表示” の詳細は »

グーグルは反トラスト法で訴訟されうる企業の仲間入り 先輩マイクロソフトに並ぶ?

GoogleのYahoo!との広告提携の断念発表は、反トラスト法(シャーマン法)訴訟の3時間前

Googleは、Yahoo!との広告提携を止めにする発表は、実は反トラスト法違反として訴訟を起こされる3時間前だったらしい。

  • Googleはあとわずか3時間で独占企業として告訴されるところだった
  • グーグルと米ヤフーの提携断念は独禁法提訴3時間前だった–米報道:マーケティング – CNET Japan


“グーグルは反トラスト法で訴訟されうる企業の仲間入り 先輩マイクロソフトに並ぶ?” の詳細は »

マイクロソフトまたまたヤフー検索部門買収のネタ

Microsoftは、マネジメント会社経由でYahoo!検索部門を買収か

もう飽きたMicrosoftのYahoo!買収ネタである。

  • Ad Innovator: [今日のMicroHoo]マイクロソフトが米Yahoo!の検索ビジネスを200億ドルで買収などを含めた新提案

Microsoftが総額250億ドル(2兆5千億円)でYahoo!検索を手に入れる?

ネタ元は、Microsoft in $20bn Yahoo deal – Times Online らしい。

Ad Innovatorから引用。

マイクロソフトがあるマネジメント会社に50億ドルを提供し、

そのマネジメント会社が米Yahoo!の30%以上にあたる 優先株などを得て、同時にYahoo!にとって今よりも年間20億ドルの売上を増やす検索ビジネス契約を10年締結、その上に200億ドルでマイクロソフ トがYahoo!の検索ビジネスを買収できる2年間の買付選択権を得るという複雑なものだ。

訳が分からんぞ。

もう、Yahoo!検索については、「泥棒を捕らえて縄を綯う」のが一番賢い。

ペラサイトでAdSense SEOとアフィリエイトとWeb・HTMLとブログ

HTML1枚もののペラサイト。ペラペラのサイトだからペラサイト? すべては「善悪の彼岸」

GoogleのAdSense公式ブログがある。

そして、「AdSense最適化のエッセンス」なるものものもエントリーしている。

  • Inside Adsense – 日本語
    • Inside Adsense – 日本語: 最適化のエッセンス

これは、広告に限らずユーザーにクリックされやすいナビゲーションの配置など、非常に参考になるなぁと感心していたのだが、ここからいろいろググっていって「ペラサイト」という聞きなれない言葉に遭遇した。これも知らなかったのは私だけ?

ペラサイトって…


“ペラサイトでAdSense SEOとアフィリエイトとWeb・HTMLとブログ” の詳細は »

ニューヨークタイムズは生き延びられるのか 新聞やテレビの滅亡の兆候?

オールドメディアの虎の子の広告収入は長期低落傾向

気になる記事。

  • 歌田明弘の『地球村の事件簿』: ニューヨークタイムズは生き延びられるのか

オンライン広告収入は伸びている。だがしかし…

何度も繰り返しているように、インターネットにおけるビジネスモデルは、

  1. 販売
  2. 課金
  3. 広告

の、3つしかない。

そして、新聞やテレビも、経営の屋台骨は広告収入である。あとは、自社コンテンツの出版やDVDなどの販売になるか。

ニューヨークタイムズも、オンライン版の方の広告収入は伸びているらしい。

だがしかし、本来の新聞紙版の方は、発行部数も広告収入も、落ち続けていると。

記事によると、Googleに代表されるインターネットの台頭も原因だろうが、もっとも大きいのはソーシャルメディアの隆盛ではないのか、とある。

結局は、新聞やテレビなどの有用性と、それを支えるビジネスモデルが、21世紀は特に乖離が顕著になってきたのである。

いつかは、必ず新聞やテレビはなくなってしまうのだろうか?

SEOの身の丈とeコマースサイトのビジネスモデル ヤフーの利用法

今回のYahoo!検索インデックス更新で考えるべきこと。SERPsマーケティングの限界

今回のYahoo!検索におけるインデックス更新では、通常の4位の位置に「Yahoo!ショッピング」「Yahoo!オークション」が表示されている。

このことを契機として、eコマースサイトのビジネスモデルやマーケティングを少し考えてみよう。


“SEOの身の丈とeコマースサイトのビジネスモデル ヤフーの利用法” の詳細は »

YST担当の副社長Sean SuchterがMicrosoftへ

質的劣化をまぬかれないYahoo!検索

Microsoftは、最高に費用対効果の高い方法で、検索と広告の向上を達成できるかもしれない。

Yahoo!検索担当バイスプレジデントのSean SuchterがMicrosoftにヘッドハンティングされる

マイクロソフト、ヤフーから検索部門VPを引き抜く – オール・アバウト・マイクロソフト – ZDNet Japan

MicrosoftはYahooからSearch Technology部門のバイスプレジデントを務めるSean Suchter氏を引き抜いた。

Microsoftは結局、Yahooの検索ビジネスを買収する必要はないかもしれない…。Yahooにまだ残されている検索関連の才能をもっと引き抜くことになれば、なおさらのことだ。

Sean Suchter氏については、Yahoo! Search Blog: Weather Report: Yahoo! Search Index Update & SES Conference Speakers のページを見ても、Director of Yahoo! Search Technologyという肩書きで、検索エンジンのリンクに関する質疑応答を担当している。

また、もはやYahoo! Inc.は沈みゆく泥船となりはてているので、Sean Suchter氏に引き連れられていく数多の人材も出てくるだろう。

われわれの問題は、それでもYahoo! Inc.はしぶとく生き残るだろうし、劣化してもどうしてもYSTも稼働し続けるだろうということである。
日本では、スクラップ化した検索エンジンとの格闘が続くのである。

ひょっとしたら、いつのことかは分からないが、Yahoo! Inc.が検索と広告をMicrosoftにアウトソーシングする日も来るかもしれないが…

Yahoo!検索「黙示録」で表示されるスポンサーサイト

なぜ、SEO関連サイトの広告が入っているのだろうか?

YST更新のリサーチ、ならびにSEO診断シリーズの続編のネタ集めのために、Yahoo!で検索していると、非常に奇妙なスポンサーサイトの広告にぶち当たった。

  • Yahoo!検索 – 黙示録

ちなみに、弊社管理サイトの「Google Dance Apocalypse(グーグルダンス黙示録)」は2ページ目に表示されている。

つまり、このサイトの順位変動を確認するために、Yahoo!で「黙示録」のキーワード検索を行ったのである。

すると、3から4社ほどSEO関連サイトの広告が表示されている。

関連キーワードも、 ヨハネ 黙示録、地獄の黙示録、サポセン 黙示録、太陽の黙示録、などでSEOとはまったくつながりがない。

この意図や目的は何なんだろう?

{追記}グーグルがヤフーとの検索連動国の提携を白紙に

投資家は脊髄反射でYahoo!株を買いGoogle株を売る。新聞は真っ先に報道する。

Googleは、司法省(DOJ)の圧力と企業活動との費用対効果を測って、Yahoo!との広告提携を放棄したようだ。


“{追記}グーグルがヤフーとの検索連動国の提携を白紙に” の詳細は »

消費者に影響を与えるのはソーシャルネットワークよりもブログ ブログヘラルドから

「ブロゴスフィア(Blogosphere)」なる言葉もはじめてブログで知った

あるブログのフィードを登録していて、別の有益なブログを見つけた。


“消費者に影響を与えるのはソーシャルネットワークよりもブログ ブログヘラルドから” の詳細は »