広告

アメリカeコマースサイトは検索エンジン経由が多く、PPCも少なくて効率的

HitwiseのブログをInsight for WebAnalytics(衣袋宏美氏)が引用した記事から

ネット視聴率白書 2008-2009 の著者が運営するInsight for WebAnalyticsで気になる記事。

Insight for WebAnalytics: 米ウェブ専業のECサイトが検索エンジンを最もうまく利用

ウェブ専業ECでは検索からの流入割合が最も多く、しかも検索連動型広告の割合は最も低く効率的。

データ元となるHitwiseのブログは、Hitwise Intelligence – Heather Dougherty – US: Retailers still keen on search。

日本とは違うアメリカのデータとはいえSEOがPPCよりモールより上回るとは聞き捨てならない

Hitwiseのブログの記事にある、Retail 500やShopping Rewardsが何のことかよく分からないし、そもそもウェブ専業ECも把握しかねる。

とはいうもののアメリカでは、Webでビジネスをやっているサイトは、おそらく自社内にSEOスタッフを置き、AdWordsやオーバーチュアに頼らず、日本で言えば楽天やYahoo!ショッピングなどにも出店せず、ひたすら検索エンジン経由の集客で稼いでいる、といったニュアンスだろうか…

私の勘違いの可能性も高いが、それにしても非常に気になるデータである。

弊社社長ブログのTDP検証Yahoo!検索に表示される広告

検索上位で勝負できず広告に逃げるとは、SEO業者失格でしょ

この公式ブログで何回かエントリーしてきたTDP早期発見のためのYahoo!検索で、非常に不快な広告が表示されている。


“弊社社長ブログのTDP検証Yahoo!検索に表示される広告” の詳細は »

GoogleのMicrosoft化 資本主義や市場社会のスキームを無視して批判する愚

私企業が自社の製品やサービスや利益を優先することがなぜ批判されるのか?

Googleは、私的な企業として巨大化し続けている。

組織としてふくれあがっていけば官僚化は避けられないだろうが、もうひとつ、企業活動として収益の追求と競合の排除も不可避である。

私は、そういった意味でMicrosoftは唯一ではないかもしれないが、目指すべき第一の目標になると思っている。

Googleは心理的臨界点を超えたのか? – エンタープライズトレンドの読み方 – page2 – ZDNet Japan

Googleはビジネス領域の拡大を目指しているものの、その主たる収益源は今も広告である。もしもGoogleが今までのような勢いでの成長が困難になるのであれば、Googleもこれまでに築き上げた資産の上で収益を上げざるをえないだろう。そんな状況下でGoogle Packのデフォルト・ブラウザーがGoogle Chromeというのは、ちょっと嫌かもしれない。

Googleの株主からすれば、広告のビジネスモデルをもっと拡大しろ、広告以外のビジネスモデルを作れ、ということになるのだが…


“GoogleのMicrosoft化 資本主義や市場社会のスキームを無視して批判する愚” の詳細は »

誰のための地デジ? 「地方民放の電波利権を守るため」

1兆円のコストがかかる地上デジタル放送(地デジ)移行は、地方民放放送局のため

広告をビジネスモデルとする先輩は、新聞・雑誌・テレビなどのオールドメディアである。

インターネットにおいてさえ広告モデルが衰退しているという話であるから、ましてやオールドメディアではもっと拍車がかかっているだろう。というか、致命的なところに向かっている可能性が高い。
参照:広告モデルが衰退? では課金モデルか販売モデルか? AdSenseチームからの最後通告


“誰のための地デジ? 「地方民放の電波利権を守るため」” の詳細は »

広告モデルが衰退? では課金モデルか販売モデルか? AdSenseチームからの最後通告

AdSenseも大規模な粛正、広告主保護とアカウント停止の警告メール

インターネット・ビジネスとして非常に興味深い記事。

スパイウェアまで「広告モデル衰退、有料モデルへ移行」の時代 – Tech Mom from Silicon Valley

スパムというのも、究極的には広告だ。しかし、これは違う。「Antivirus360に感染した。除去するためのこのソフトを買え」というポップアップ が出る。もちろん、このソフトはグルだ。そして、このソフトがさらに何か悪さをするかもしれない。パニックになって、買ってしまったら大変なことになるか もしれないのだ。

このエントリーで取り上げられているカフェスタもひどいようだ。

  • 「タダが当たり前」の時代は終わる? カフェスタが「お金払って」と呼び掛けた理由 (1/2) – ITmedia News


“広告モデルが衰退? では課金モデルか販売モデルか? AdSenseチームからの最後通告” の詳細は »

Googleが検索結果画面に商品検索の結果を挿入する実験を

Google Product Search(商品検索エンジン)とGoogle Checkout(決済サービス)で広告強化

TechCrunchに興味深い記事が。

Googleはショッピング検索の結果を通常の検索結果に混ぜ込む

どうやらGoogleは、同社のショッピング/製品検索エンジン(元Froogle)の検索結果をふつうの検索に含めるためのテストを、クリスマスシーズンが始まる直前まで延長するようだ。

GoogleはGoogle Checkoutのパートナーたちのための、便利で直接的なゲートウェイを作ることに、本気で取り組んでいるようだ。


“Googleが検索結果画面に商品検索の結果を挿入する実験を” の詳細は »

「SEO blog」でもレンタカーの広告 どうしたオーバーチュア?

「公式ブログ」で海外レンタカー、「blog」で国内レンタカー

以前、ヤフー「SEO塾 公式ブログ」検索でレンタカーのスポンサーサイト広告表示 で取り上げた「SEO塾 公式ブログ」でレンタカーのオーバーチュアが表示される件であるが、また似た例が見つかった。


“「SEO blog」でもレンタカーの広告 どうしたオーバーチュア?” の詳細は »

Google Wireless Transcoderという謎のUSER AGENT モバイルGoogle検索経由ってこと?

PC用ページをモバイル向けに変換するGoogleの超すぐれ機能。だがしかし弊害も

アクセス解析を見ていると、HTTP_USER_AGENTでMozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.0;Google Wireless Transcoder;)なる不思議なアクセスがあった。

しかもホスト名が、「ff-in-f65.google.com」「ff-in-f67.google.com」となっている。

えっ、Google? と驚くわけだ。

Windows 2000、Internet Explorer 6.0、そして画面解像度情報が「228×323×8」。


“Google Wireless Transcoderという謎のUSER AGENT モバイルGoogle検索経由ってこと?” の詳細は »

GoogleのBloggerを利用のサイトオーナーがスパムブログと認定されてロックされる

Googleのスパム探索ロボットが優秀で、オリジナルに乏しいパクリやコピペは見抜かれている

前にも引用した熟年からはじめる海外アフィリエイト は、サイトオーナーは頭の切れる人のようで、海外のアフィリエイト情報というレアなコンテンツ、また熟年とあるが中高年のようで経験に裏打ちされて、文体は洒脱、お薦めのブログである。

このクールなブログで、またクールなエントリーが…


“GoogleのBloggerを利用のサイトオーナーがスパムブログと認定されてロックされる” の詳細は »

ヤフーの検索・広告部門の幹部がMSのオンラインサービスグループの社長に

CEOが社員にメールで伝える重要人事。またそれが外部に流出すると

Microsoftと言えば、ライバル企業を買うか潰すか、悪の帝国のイメージがまとわりついているのだが、ことYahoo!に関しては、買収を断念してからは要人のヘッドハンティングに注力しているようだ。

これがもっともスマートであり、かつリーズナブルである。


“ヤフーの検索・広告部門の幹部がMSのオンラインサービスグループの社長に” の詳細は »