決算や業績、株価など

米ヤフー株 Y!ヤンが売るよと言って上がりMSバルマーが買わないと言って下がる

何と脊髄反射の米株式市場。だから金融危機も起こるのでは

Yahoo! Inc.のCEOであるJerry Yangが、Microsoftへの売却もあるような発言をした。
YHOOの株価が上がって14ドルを超えた。

MicrosoftのCEOであるSteve Ballmerが、もはやYahoo!には興味がないと言う。
さて、今はじまったニューヨーク市場では、YHOOが10ドル台に突入している。

Microsoft(MSFT)は、買収費用の財務的圧迫がないと判断されてか、上がっている。

Google(GOOG)も、MS・Yahoo!連合という競合の脅威がないと見られてか、上がっている。

なんともはや、脊髄反射の一喜一憂、アメリカの株式市場もおかしいのでは?

ヤンは株価維持のためにMSの名を挙げただけかもしれないし、バルマーも安く買いたたくブラフかもしれない。

ほんと、くだらない。

  • GOOG: Google Inc.
  • YHOO: Yahoo! Inc.
  • MSFT: Microsoft Corporation

グーグル(GOOG)の株価が大暴落! 終値は200ドル!!

結局は誤った注文によるもので、その後の時間外取引では400ドル超と落ちついている

iGoogleの株価ガジェットを見ると、なんとGoogleの昨日の終値が330ドルになっている。

Google(GOOG)の20080930の終値

えっなんで? とニュースを渉猟してみると…

米ナスダック、終盤のグーグルの一部取引を取り消しへ | ビジネスニュース | Reuters

ナスダックは30日、同日の取引終了間際に実行された米インターネット検索大手グーグルの取引の一部を取り消すと発表した。

ナスダックOMXグループの広報担当者は、ロイターにあてた電子メールで、突然の急落を招いた「誤った注文」は「別のある取引所を経由したものだった」と述べた。

担当者はこれらの注文を介した取引所を特定せず、さらに取引の取り消し決定への抗議は受け付けない、と述べた。

ナスダックは、グーグルの終値を前日比5.12%高の400.52ドルとした。

うーん、今ひとつ分かりにくい。

とにかく、誤った注文によってGoogleの株価が凄い暴落となったらしい。そしてNASDAQはそれを修正したし、誤った注文が引き起こした低株価の取引も無効にすると。

しかし、一体いくらまで下がったのかが分からない。

  • NIKKEI NET(日経ネット):ナスダック、グーグルの30日終値を調整

これも同様。

やっとことの成り行きにたどり着けたのが、これ。

TechCrunch Japanese アーカイブ » Googleの株価急落、$200で引ける

市場はGoogle株価の崩壊とともに終了し、寄付$396から、終値$200まで下落した。少なくともNasdaqのティッカーの表示はそうなっていた。

330ドルの終値でも私は驚いたのだが、なんと200ドルにまで暴落したとのこと。

これは、株主やトレーダーは地獄に落とされた気分だっただろう。

米下院で金融安定化法案を否決 グーグル(GOOG) アップル(AAPL) 株価がもの凄い下落

統制とか計画とか政府介入とか すべてを無効にするマルクスの「恐慌」のような

もう就寝しようと思い、Google ChromeでiGoogleを表示させてNASDAQの株価を何の気なしに見てみると…

Appleの株価がとても悲惨な状況になっている。
Googleもひどい。

それに反して、Yahoo!(YHOO)やMicrosoft(MSFT)はさほどでもない。

アメリカの国内総生産(GDP)が下方修正されたことも悪影響を及ぼしているのだろう。

  • GOOG: Google Inc.
  • YHOO: Yahoo! Inc.
  • MSFT: Microsoft Corporation
  • AAPL: Apple Inc.

もう書かないが、サブプライムローン問題以降のアメリカを中心とした世界的な金融の不安定な状況は、ほとんど忘れ去られたマルクスの「恐慌」の金融資本版のごとくである。

結局、大から小まで人々の経済活動を、掌握し、思うように操作するということは、不可能なのだろう。

今度こそ、ハイエクをしっかり勉強しなければ…


“米下院で金融安定化法案を否決 グーグル(GOOG) アップル(AAPL) 株価がもの凄い下落” の詳細は »

米司法省 ヤフーとの提携に関しグーグルを独占禁止法違反で提訴か

Googleの広告表示で収益改善となるはずのYahoo!の運命は?

どうやら、GoogleとYahoo!の広告表示に関する提携に対して、独禁法に触れるのではないかと、アメリカの司法省は腰を上げたようである。

ジャーナリズムも、巨人がひどい目に遭いそうだと、小人(しょうじん)が嬉しそうに報道している。


“米司法省 ヤフーとの提携に関しグーグルを独占禁止法違反で提訴か” の詳細は »

Google Chromeとグーグルのビジネスモデル

ゲイツとかジョブズとか、カリスマ不在のGoogleの収益の将来性は

米経済の雇用減や消費低迷などを受けて、Google(GOOG)も一段と値を下げている。

もちろん、株価といえばYahoo!(YHOO)も18ドルを切って株主の損失も計り知れない。だが、今回はYahoo! Inc.の先行きについては触れずにおこう。

さてGoogle(GOOG)は、かつては700ドルを超えた株価も今は450ドルと、米経済の落ち込み以上に値を下げている。時価総額もAppleが上回り、実際いいところがない。

だがしかし、やはりGoogleの収益の将来性には期待できると言う人がいる。


“Google Chromeとグーグルのビジネスモデル” の詳細は »

グーグル(GOOG)、ヤフー(YHOO)、マイクロソフト(MSFT)の2008年4-6月期の決算

ヤフーは経営混迷、グーグルは検索シェア独走も広告成長率が鈍化、マイクロソフトはネット事業低迷

ブログ移転のため、備忘録として検索各社の2008年4-6月期の決算を記録しておく。

検索会社ではないが、注目企業のAppleがGoogleの時価総額を上回っているようだ。


“グーグル(GOOG)、ヤフー(YHOO)、マイクロソフト(MSFT)の2008年4-6月期の決算” の詳細は »