検索会社のレビュー(二代目書庫)

ネットブック戦争 MicrosoftとIntelには逆風、Googleには順風、Appleはマイペース?

サイトオーナーにとってもネットブックを意識したスモールWebの時代が到来か

商用サイトにとっては、SEOは実はLPOである。

上位表示されても、ユーザーが着地したページで商売できなければ話にならない。


“ネットブック戦争 MicrosoftとIntelには逆風、Googleには順風、Appleはマイペース?” の詳細は »

春分の日のGoogleのロゴ エリック カールのデザインがクール

ひょっとして外部の人のデザインって初めて?

いつもはGoogleのトップページなんて見ないけど、偶然目にした今日のロゴ。

alt属性には「春分の日 – Design by エリック カール」。


“春分の日のGoogleのロゴ エリック カールのデザインがクール” の詳細は »

PageRank10・9のサイト一覧 晴練雨読の膨大かつ精緻なデータ

2009-03-19現在、晴練雨読によるとPR10は14、PR9は328

SEO塾は、検索エンジン三国志(ページランクの伝 :グーグル(Google)の書)、先代SEOブログ(ページランク in グーグル ブログ from SEO塾)で、GoogleのPageRank 10のサイトを追跡してきたが、止めるときが来たようだ。


“PageRank10・9のサイト一覧 晴練雨読の膨大かつ精緻なデータ” の詳細は »

百度(バイドゥ Baidu)の「検索エンジンスパム」 Yahoo! JAPANと似ているが…

バイドゥの社長は元Yahoo! JAPANの井上俊一氏。ブラックハットの説明にブラックハットの手法?

3月10日、百度株式会社は「バイドゥ株式会社」に社名変更している。

  • Baidu(バイドゥ)プレスセンター – お知らせ


“百度(バイドゥ Baidu)の「検索エンジンスパム」 Yahoo! JAPANと似ているが…” の詳細は »

Google TrendsとSEOで「悪意」をエスカレートさせるサイバー犯罪者

ECサイトも模倣すべき旬のキーワードによるトラフィック獲得とマーケティングの手法

テクノロジーは、戦争や犯罪やアダルト産業などで、さかんに発展するといわれているが、まさしくその通り。

  • 「Google Trends」がサイバー犯罪者の強い味方に–パンダセキュリティ調べ:ニュース – CNET Japan


“Google TrendsとSEOで「悪意」をエスカレートさせるサイバー犯罪者” の詳細は »

2009年1月日本検索シェア Yahoo!51%、Google38% comScore発表

定期的に網羅的に検索に関するもろもろのデータは、日本ではいつそろうようになるのか

日本の検索エンジンのシェアが、定期的にデータが出されるようになってきた?

  • 2009年1月に日本全体で行われた検索回数の半数以上はYahoo! Sites


“2009年1月日本検索シェア Yahoo!51%、Google38% comScore発表” の詳細は »

Googleの神の右手悪魔の左手 公開されなくても個人情報はクラウドにある

情報の公開・共有とクラウドによるインターネットの未来。それでもGoogleは知っている

私は、パソコンやインターネットを使っている限り、情報の漏洩は避けられないと思っている。
というか、個人や企業のデータの流出は、100%防止できないと。

よって、例えばGoogleにも大きな問題があるのだろうが、私企業がどれだけモラルを高く維持しても、危険性はつきまとうわけだ。


“Googleの神の右手悪魔の左手 公開されなくても個人情報はクラウドにある” の詳細は »