検索会社のレビュー(二代目書庫)

このブログの新しい記事は、左サイドバーの「最近の投稿記事」から。
またはヘッダー下ナビゲーションの「SEOブログ(四代目)」、
あるいは左サイドバー一番上の「アルゴリズム社のSEOブログ集大成」をクリック。

Yahoo!ログールの人気の管理者ランキングで15位に トップでアバター表示

経験と実証。Yahoo!ログールも、政治もマーケティングもSEOも、最後は人間を見る力

ソーシャルネットワークの検証と無理な理由をつけて、Yahoo!ログールを活用してきたが、先ほど「人気の管理者ランキング」で15位になることができた。

すぐに落ちるだろうが、15位になるとYahoo!ログールのトップページで右サイドバーに、やや大きめのアバターが表示されるので気持ちいい。


“Yahoo!ログールの人気の管理者ランキングで15位に トップでアバター表示” の詳細は »

 

米Yahoo!検索は「personally relevant」で絞り込み支援

2ページ目をめくるより、左サイドバーをクリックする?

就寝前にRSSチェックしたのが禍だった…

先ほど、米Yahoo!は新しい検索画面をローンチしたようだ。


“米Yahoo!検索は「personally relevant」で絞り込み支援” の詳細は »

2009年8月30日 衆議院選挙の投票日のGoogleロゴ 旧トップページもあり

Firefoxで見るGoogleトップページ OSやブラウザーやIPアドレスで表示を変えてる?

さて、今日は衆議院選挙の投票日。先ほど息子と一緒に投票所に行って来たところだ。

帰って、いろいろググっていたら、ふと見たGoogleのロゴに暖簾がかかっている。

衆議院選挙の投票日 Googleロゴ 2009-08-30

何じゃこりゃ? とalt属性を見てみると、「衆議院選挙の投票日」となっている…

アメリカの投票所は、カーテンで隠れるようになっているのかな? と。


“2009年8月30日 衆議院選挙の投票日のGoogleロゴ 旧トップページもあり” の詳細は »

 

Yahoo!検索はBingを採用するが、表示されるのはページの一部分。Bingは検索下請けか?

「Yahoo! Searchには検索結果の精度を高めるフィルタも組み込まれ」Bingに変わることより恐ろしい

Yahoo! Inc.の新しい試みが凄い。


“Yahoo!検索はBingを採用するが、表示されるのはページの一部分。Bingは検索下請けか?” の詳細は »

Yahoo!はYahoo! バックエンドではBingと協力しても、フロントエンドでは競合である

Yahoo! Inc.は、メッセンジャーとメールのデザインを一新し、検索エンジンの機能を追加する計画

やはりSEO塾の予想どおりである。

検索エンジンはバックエンドであって、ユーザーに見せるものはフロントエンド。
そこに、ポータル側のビジネスモデルを仕込むことは当然である。


“Yahoo!はYahoo! バックエンドではBingと協力しても、フロントエンドでは競合である” の詳細は »

 

Yahoo!検索の重点対策は、現在の日本のBingではなく、Twitterの方かも

米Yahoo!のTwitterリアルタイム検索開発と、日Yahoo!の相次ぐTwitter運用

日本でもっとも影響力のあるポータルのYahoo! JAPAN。

このYahoo!が、YSTを捨てMicrosoftのBingを搭載する。

それを受けて、特に日本のSEO関連情報サイトが、現在の日本のBingで検索しては、あることないこと騒いでいる。

だが、それでいいのだろうか?


“Yahoo!検索の重点対策は、現在の日本のBingではなく、Twitterの方かも” の詳細は »

Bingのインデックス robots.txtのDisallowも メタタグのnoindexも無視

BingのSEOに慌てず騒がず、他人の情報に惑わされず。自分の目で見て確かめよう

Yahoo! Inc.がMicrosoftの検索と広告を採用すると発表したこと、Yahoo! JAPANも追随するだろうということ。

これが、SEOの狭い世間で騒動になっているのか…

SEO塾の見解としては、Yahoo! JAPANが実際にBing検索を実装するまでは、何が起こるか分からないと推察する。


“Bingのインデックス robots.txtのDisallowも メタタグのnoindexも無視” の詳細は »