Windows 7 64ビット Core i7 3.00GHz メモリ16GB SSD256GB USB3.0 PCを新調

会社の代表業務(税務や法務などの整備)、そしてプライベートな事情など、これでもかというくらいに忙殺されているのに、メインのパソコンが超不調になった。
おそらく電源関連のトラブルと思われ、パソコンが突然落ちてしまうことに…

そこで、パソコンを新調することに。

会社創立時はXPのデスクトップをBTOで

次に、XP環境の再現を最優先して、Windows 7 32ビットに
Let’s noteで、SSD256GB、メモリは4GB

Windows 7 64ビット Core i7 3.00GHz メモリ16GB

Windowsは、8ではなく7に(枯れた環境がビジネスでは無難だから)
ただし、以前の32ビットから64ビットで

Windows 7 64bit メモリ16GB

メモリは、64ビットということもあって、16GBとおごってみた

  • レッツノートプレミアムエディション(CF-SX2) Core i7 高機能

会員なので、春モデルの割引、誕生日(5月)の割引、メモリ増設の割引
そういったキャンペーンをフル活用して、リーズナブルにゲット

また、前回同様にSSDの読み込み速度の魔力に勝てなかった。

ノートなのは前回同様、出張のときの手軽な環境の持ち出しを考慮して。

モニタはMITSUBISHI 23型液晶ディスプレイ RDT234WXをHDMI接続

スマホやタブレットは糞食らえ!
仕事は大画面にかぎる。

  • 三菱ディスプレイ:ワイド液晶ディスプレイ RDT234WX(BK)

接続はHDMI

接続のところが曲がるので、とてもイイ!

なお、三菱の液晶モニタのHDMI接続では、ときどきモニタ側のスピーカーから音が出なくなることがある。
モニタのコンセントを抜いて、しばらく(数分から数時間)して差し直すと、音が出るようになる。
(パナソニックのサポセンの方には、とんでもない面倒をかけてしまった…)

USB3.0×2 3TBの外付けハードディスクにバックアップ

USB3.0は、途轍もなく速い!
毎日のデータバックアップも、Windows 7標準のバックアップも、すぐに終わるようだ。

3TBのハードディスクも、随分と安くなったものだ…

キーボード、マウス、テンキーなど

キーボードは、エルゴノミクスでワイヤレス

  • Microsoft Bluetooth Mobile Keyboard 5000

上記の、法人向けモデル、Bluetooth Mobile Keyboard 5000 for Business L4L-00001 を調達

マウスは、なぜか下記

Microsoftは、最近、Windows 8やタブレット(Surface サーフェス)に特化した新製品が多く、今回は敬遠。

テンキーも、もちろん分離型のワイヤレス
(Excelなどの数値入力ではテンキーが必須だが、普段のテキスト入力では一体型のキーボードは鬱陶しい)

64ビット対応、主にテキスト入力支援のソフトなど

OSの64ビット化に合わせて、ソフトウェアも可能なかぎり64ビット版を探し求めた。

XP時代から慣れ親しんだエディターを捨て、64ビットおよびユニコード対応のものへ
(Peggy Proから乗り換え)

これより有名でシェアが高い某エディターは、ネーミングが日本語なので絶対にイヤ!

また、クリップボード拡張、テキスト入力支援のソフトも、新規調達
(Charu3から乗り換え)

  • ペースター(テキスト入力ツール)

これは瓢箪から駒、
今までのレガシー・エディターで、PerlやSEDなどと連携してスクリプトを動かしていたのだが、
「ペースター」はクリップボード拡張なので、一度カスタムメニューを設定しておくと、すべてのソフトで稼働させることができて、超便利!

ペースター(テキスト入力ツール)

最後はランチャー
(RocketDockから乗り換え)

ランチャー Orchis

Officeは2010、Adobe製品はCS6

なお、旧態依然だが、業務用アプリケーションはクラウドではなく本体もデータもローカルに置きたい。
また、新製品よりも、実績のある枯れた前バージョンが好ましい。

Officeは2010のまま
ただし、ExcelのVBA、つまりマクロを動かすにあたって証明書で、一苦労。

なお、デフォルトで32ビット版がインストールされる。
OSが64ビットなのに、いかがなものかとは思うが、簡単に過去の資産を没にされるAppleよりもMicrosoftのほうがいいと思えないこともない。

Adobeの定番ソフトも、なじみのFireworksのこともあって、やはりCS6を
他のPCの認証を解除して

これも、IllustratorやPhotoshopは64ビット版があるが、他は32ビットのまま。

さて、最後はモリサワのフォント

これがまた、PC変更では難儀する。

Windows 7にインストールするには、WindowsOS対応インストーラアップデータ
さらにフォント使用PCの変更では、旧PCからインストーラーを使ってアンインストールする 【インストール後】フォントを使用する PC を変更するにはどうしたらいいですか?

 

こうしてみると、いかにタブレットがユーザーにとって楽か、パソコンが滅びるべきか、体に染みとおる…
(糞食らうのはこちらのほうだった…)

«
»