WordPressのエクスポート・インポートで引っ越し(移転)phpMyAdmin未使用

WordPressの引っ越し(移転)は、作業工程をおさえ、また時間もそれなりにかかってしまう。

達人などは、データベースを含めてサーバーのデータ丸ごとを難なく移転させているようだが、phpMyAdminMySQLなどの用語を聞くと、汗が出てきて頭も真っ白になる。

今回は、WordPressユーザーとしてはシロート同然でもできそうな、WordPressの引っ越し(移転)を解説する。
(自己用、自社用としても、情報をシェアしておきたい)

WordPressの引っ越し(移転)の荷物は?

ドメインの変更があっても・なくても、WordPressで引っ越しするもの、荷物は、基本的にはサーバーにあるデータやファイル一式

  • WordPress本体
  • プラグイン
  • テーマ
  • 画像
  • データベース
  • その他(特別にアップロードしたファイルや設定の要領など)

引っ越し先にも、同じものを再現しなければならない。
FTPやバックアップ支援プラグインなどによって、旧側のものをダウンロードしておく。

これさえ確保しておけば、なんとかなるはずだ。

パーマリンク設定

深刻なトラブルを避けるために、旧側のWordPressのパーマリンク設定をひかえておくこと。
これが、新旧で違ったものになれば、エントリーのページのURLがまったく違うものになるからだ。

WordPressのエクスポートとインポート

旧のWordPressでエクスポートするとき、引っ越し先のWordPressでインポートするとき、専用のプラグインがインストールされる。
ガイダンスにしたがってインストールし、有効化する。

引っ越し先に必要なのものは

  • WordPressのアップロードとMySQLなどの設定
  • プラグインやテーマのアップロード

要するに、普通にWordPressをインストールして、プラグインやテーマをアップロードする。
もちろん、ブログ運営でプラグインやテーマに依存するものがあるならば、基本的には新側で漏れがないようにする。

エクスポート

そして、旧側に戻って、エクスポートする。

WordPress管理画面、ツール、エクスポート

すべてのコンテンツにチェックが入っているはずなので、このままエクスポートファイルをダウンロードする。

すべてのコンテンツをエクスポート

インポート

そして、引っ越し先のWordPressに移って、インポート。

WordPressをインポート

WordPressを選択しクリック、アドオンをインストールやらなんやらメッセージが出るので、そのまま従っていく。

インポートの容量はじつは2MBが上限

インポートできるファイル容量の上限

先ほど、ダウンロードしたエクスポートファイルの容量を確認しておこう。

「~.xml」というファイルが、ダウンロードフォルダなどにあるので、それを右クリックしてサイズを見る。

上の図では、「最大サイズ:8MB」となっているが、おそらく上限は「2MB」になっているだろう。
つまり、「~.xml」というファイルが2MBを越えていると、インポートできないようになっている。

このxmlファイルを分割して、何回もインポートする案を語る達人レベルの人もいるのだが、

  1. wp-adminディレクトリーに
  2. upload_max_filesize = 32M
    とだけ記述した
  3. php.ini ファイルをアップロード

こうすれば、32MBまでのインポート用ファイルに対応できるようになる!

アルゴリズム社の事例としては、500エントリー程度でxmlファイルは3.5MBだった。
もちろん、32MBと大きくする必要はないのだが、ちまちま修正することのないようにしている。

これで、記事やコメント、トラックバック、あるいは画像まで、新側に移転される。

インポートでは、画像まで移転してくれる

あえて画像を新側にアップロードしておくように書いていない。
じつは、インポートでは、画像も旧側から引っ越し先にURLを変更してコピー?してくれるようだ。

まっさらの場合は問題はないのだが、もし引っ越し先が稼働済みのWordPressであるときは、先手を打ってuploadsディレクトリー丸ごとアップロードしたりすると、インポートのときに画像のファイル名などが書き替えられることがあり、画像がうまく表示されないという不具合が起こる。

画像だけは、先走らないこと。
これが、エクスポート・インポートのヒケツだ。

<a href="http://ドメイン/images/ファイル1.jpg">
<img src="http://ドメイン/images/ファイル2" alt="ほげほげ" />
</a>

なお、アンカータグの中の「ファイル1」は、URLを書き換えて、引っ越し先のuploadsディレクトリーにアップロードしてくれるようだが、イメージタグの中の「ファイル2」は、URLを書き換えなかったり、ファイルをアップロードしなかったり、することがある。

そんなときは、FTPで画像をアップロードし、また、旧側のURLを検索して、書き換えていく。

htaccessで301リダイレクト

もちろん、同じコンテンツが複数のURLで表示されると、重複・複製コンテンツになる。

htaccessで旧側から、引っ越し先に、301リダイレクトを設定しておこう。

«
»