去年11月新設サイトが急上昇! SEO診断で解明した驚異のバックリンク

2012年11月12日に立ちあげられたある(見知らぬ他人の)サイトが、そこそこの難度のキーワードで急上昇している。

新設で2か月足らず、急上昇サイトを分析

あるキーワードで、GRCの上位100追跡で下図のようなサイトがある。

11月中旬新設でいきなり15位すぐに1ページ目そして7位

12月末に7位だったが、年明けにはさらに上がって4位になっている。

さらに今は4位へ急上昇中!

アルゴリズム社のSEO診断で分かったこと

この「急上昇サイト」を、メルマガの中で「SEO診断」を試みた。

  1. ターゲットのSEO診断
  2. ターゲットのバックリンクの分析と急上昇のヒミツ!?
  3. Googleの順位アップ決定力は外部リンク!?

Majestic SEOのCitation FlowとTrust Flow

SEOmozはアメリカ、Majestic SEOはイギリス。
この両社にかぎらず欧米SEO会社は、Googleもどきのアルゴリズムをこしらえ、クローラーを走らせ、データセンターをつくりあげている。

下図はターゲットのサイトを対象に、SEO通がたまに語るオーソリティー(バックリンクの量)とトラスト(バックリンクの質)を、Majestic SEOが独自の計数化(metrics)によって可視化したグラフである。

Majestic SEOのCitation FlowとTrust Flow

この、Citation FlowとTrust Flowに対して、アルゴリズム社としての再解釈を展開。
ターゲットサイトがやった、予想外のバックリンクSEOを解明。

SEO診断や、欧米のSEOツールで、大接近!

SEO診断やSEOツールで分析した結果、次のようなバックリンクを数例ずつリストアップ。

  • 順位アップに貢献したリンク
  • 価値が高いリンク元ページ
  • 価値が高いリンク元ドメイン
  • とくに質が高いリンク元ドメイン

もちろん、他人の手柄をリストアップしてSEOオタクになるだけではアホらしいので、自サイトで使えるように、整理している。

  • 順位アップの理由
  • ペナルティを受けない理由

パンダ・ペンギン・不自然リンクから逃げないバックリンクで急上昇

ターゲットのやり口は、スパム・ブラックハットSEOがほとんど。
ただし、100%の悪人も、100%の悪人も、世の中には存在しない。

ある人の言説を全肯定することも、全否定することも、賢い人のやる事ではない。

急上昇した。そもそも順位アップした。
それには、ちゃんとした理由があるのである。

ターゲットのオーナー、もしくはバックについている業者は、舶来の邪道SEOをやっている。
サテライトの陰が見えず、有料リンクの痕跡もうかがえない。その意味では洗練されている(笑)

まさに黒船SEOが、幕末SEOに異次元を見せてくれた。

ちょんまげSEOが怖れ逃げ回るパンダ・ペンギン・不自然リンクに対して、Google SEOはこう反撃するんだ!
というものも見えてくるだろう。

詳細は、1月10日発行の、SEO塾の有料メルマガ で。

«
»