浅田真央グランプリファイナル 6名の出場資格を決めるアルゴリズム

フィギュアスケートの浅田真央が、ようやく結果を出せるようになってきた。

ISUグランプリファイナル(カナダ・ケベック) 出場資格のしくみ

グランプリシリーズの出場者は、http://www.tv-asahi.co.jp/figure/gpf/ を。

さて、簡単に順位づけのルール次第で、並びが変わる実例を。

上記ページを参考に、表を再現してみた。

 Designated Events Total
Points
Tie breaking
1
USA
2
CAN
3
CHN
4
JPN
5
FRA
6
RUS
1st2nd
エリザベータ・トゥクタミシェワ(RUS)1515301360.27 
浅田 真央(JPN)1315281367.44 
カロリーナ・コストナー(ITA)(13)1513281361.46 
鈴木 明子(JPN)1315281358.24 
アリッサ・シズニー(USA)1511261356.63 
アリーナ・レオノワ(RUS)(9)1113242351.13 

グランプリシリーズ6大会で、1位=15ポイント、2位=13、3位=11 …、というようにポイントが与えられ、合計ポイントが高いものから6名だけがファイナルに出場することができる。

2大会で優勝しているロシアのトゥクタミシェワが、30ポイントで1位である。
浅田、コストナー、鈴木の3名は、2大会で1位と2位を取って28ポイントで並んでいる。

要は、このポイント制が無視され、2大会のスコア合計の高い順に並べ替えると、浅田真央が1位となり、トゥクタミシェワは3位になるという話である。

Googleでも、キーワードを書いたり、リンクを張ったりして、SEOスコアを高めることができるのだが、別途にグランプリシリーズの大会での順位といった「ポイント」がある。
オーソリティ、エキスパート、シーズ、などなどと称されている、Googleアルゴリズムである。

この、お墨付き、通行手形、のようなものが付与されないと、ミドルキーワードでも1ページ目は難しい。
また、お墨付き・通行手形を剥奪されると、マイナス数十番・数百番のひっくり返るような順位ダウンに見舞われる。

もちろん、そもそもスコアにならないキーワードの書き方やリンクの張り方もあるので、検証しながらSEOに励まなければならない。

 

SEO覇道新書

«
»