iPad 2 にマルチタスク用ジェスチャ導入 Snow LeopardやらXcode 3やら

iPad 2は、あれこれアプリを使っていると、たびたびホームボタンを押しては、起動しているはずのアプリのアイコンをタップと、鬱陶しいかぎりです。

かすかな記憶を頼りに、「iPad ジェスチャ」で検索してみました。

iPad 2 にマルチタスク用ジェスチャ導入

ありました!

iOS4.3で導入されると噂だった「マルチタスク用ジェスチャ」です。

iPad 2でマルチタスク用ジェスチャを有効に

ご覧のように今は、設定 → 一般に「マルチタスク用ジェスチャ」が表示されています。

これで、4本指(5本指)でiPadアプリを左右にスワイプして切り替えることが可能になりました。

また、中央につまむようにすると(ピンチ)、ホーム画面が表示されます。

そして、上にスワイプすると、マルチタスクバーも現れます。
マルチタスクバーでアプリを終了させる

マルチタスクバーのアイコンを長めにタッチすると、停止?マークが出てきて、そこを押すと起動中のアプリを終了させることもできます。

下記を参考にしました。

  • iOS4.3でマルチタスクジェスチャ機能を使う方法 | iPadまとめ

また、試しておりませんが、Macのない環境では、下記ページも見つけました。

  • iPadでマルチタッチジェスチャーを有効にする方法(Jailbreakなし、Xcodeなし、Windowsな人向け) – 責難は成事にあらず

Xcode 3をダウンロード、Leopard(MacOS X 10.5)からSnow Leopard(10.6)へ

現在のiOS4.3でマルチタスク用ジェスチャを有効にするためには、MacではXcodeが必要です。

Xcode 4は有料、しかしXcode 3は無料でダウンロードできます。

ところがいざインストールしようとすると、Leopard(MacOS X 10.5)のiMacでは撥ねられてしまいました。

今年の夏には Lion が発売される予定で、プレインストールのiMacを購入するスケジュールでしたので、数カ月しか使わないSnow Leopard(10.6)購入は悩みました。

Appleストアを見ると、3,300円。
これは安いなぁと、カートに入れると、送料が500円…

あれあれ、それならAmazonに行って、さらに安くかつ送料無料で購入。翌日に届いた次第です。

WindowsでもMacでも、OSのバージョンアップは常用ソフトが動かないなどリスクがあるので、あまりやりたくない、できればプレインストールパソコンにアプリケーションを確かめながら入れていくようにしていますが、

今回は、ほとんどまったくトラブルもなく、無事に10.5から10.6に上書きインストールできて拍子抜けでした。

さて、Xcode 3は4GBもありますから、ダウンロードも時間を取られます。
また、OSのバージョンアップも、それなり。さらに主なセキュリティアップデートを直後に行います。

iPad 2のマルチタスク用ジェスチャのためだけに、なんと時間とお金を費やしたことか!

«
»