googleの順位変動 もしかしてバグ? 下手に動くより静観

なにやら、Googleが(もちろんYahoo!も)おかしな順位変動を続けていますね。

アルゴリズム変更・フィルター導入による初期不良の可能性

ここ数年間の経験則からは、どうやら「何かの間違い」の可能性も見えてきましたね。

多くのサイトやページの落ち方は、グーグルに有効なSEOは限られている 最初から見込客を意識した集客が重要(2/3):MarkeZine(マーケジン)の表のように、

一気に、数十番数百番と下落しています。

順位を落とすスパムフィルターが原因というよりも、順位が上がるオーソリティスコアが、サイト(ドメイン)やページとの紐づけを忘れられているといった症状です。

特に、allinanchorコマンドなどの特別構文検索では、ある意味でセーフモードとして、紐づけをしない新しい仕掛けが全サイト・全ページで解除されて初期不良を免れているのでしょう。

Googleのアルゴリズムとペナルティ(2011年版)でも冒頭に追記しましたが、

  • トップページなどのタイトルの変更
  • サイトの大規模なリニューアル
  • 内部リンクのテキストの書き替えや張り替え
  • 外部リンクの大量削除

などは、注意深くオペレーションするべきでしょう。

どちらかというと、ダウンしても素知らぬふりをしておくことかな。

むろん、最後の外部リンクは、この時期に量産するとえらいことになりそうです。

«
»