Googleのリンク評価は書式や場所が同一でもNGになったりならなかったり

このたび「Google SEOマニュアル」をご購入で、SEO塾とのお付き合いがはじめての方から、「解説風リンク」がダメってどういうこと? という質問が来ました。

リンクの書き方や張り方は関係ない。またサイドバーやフッターでも絶対ダメでもない

まずは、解説風リンクを示しましょう。

「福岡 ホームページ SEO」「福岡 ホームページ 集客」「福岡 ホームページ 売上」で1ページ目、「福岡 SEO」で2ページ目の弊社管理ブログがあります。

忙しさにかまけて、エントリーは2ページのみ…

そのへたれブログを例にしましょう。恥ずかしくてたまりませんが。

福岡ホームページの解説風リンクと広告風リンク

赤枠が「解説風リンク」です。これに対して黄枠が別のリンクの仕掛けです。

問題は、いままでのマニュアルやテンプレートでは、これを仕込んでYahoo!のバックリンクとして活用しましょうということでしたが、不注意にやり過ぎると、Googleではペナルティの可能性がありますよということです。

なぜペナルティが発動するのかは、論文を書くくらいの文章が必要ですので、勘弁してください。

なお、Googleのアルゴリズムやペナルティに精通しておけば、NGになるまでは放っておいて、事が起こればリカバリーできます。(リカバリーとその後についても、今度のマニュアルには記載しています)

とにかく、転ばぬ先の杖、怪我してから治療するのではなく、怪我をしないように予防してください。

リンク評価では、アンカーテキストのモノを見ない。リンクを張るコトに注意

ついでに、有料リンクは別ルートでのペナルティになることが多く、それ以外のリンクでは、Googleのクローラーやインデクサーは、リンクの書き方や張り方を問題視していません。

  • <a href="http://www.algorism.net/">福岡のホームページの集客と売上はSEO塾の株式会社アルゴリズム</a>
  • 福岡商工会議所メンバーの株式会社アルゴリズムが、ネットの集客と売上のパッケージを提供、<a href="http://www.algorism.net/">福岡のホームページの集客と売上はSEO塾の株式会社アルゴリズム</a>
  • 福岡商工会議所メンバーの株式会社アルゴリズムが、<a href="http://www.algorism.net/">福岡のネットの集客と売上ができるホームページ</a>のパッケージを提供
  • 福岡のホームページのSEO、集客と売上はこちら→<a href="http://www.algorism.net/">福岡のホームページの集客と売上はSEO塾の株式会社アルゴリズム</a>
  • 福岡のホームページのSEO、集客と売上はこちら→<a href="http://www.algorism.net/">http://www.algorism.net/</a>

のどれも、あるいは別のバリエーションでも、最初は無問題です。これだけでは、ペナルティには影響しません。
ただし、アンカーテキストの個々のキーワードのSEOスコアは違ってきますが…

さらに、場所も最初は問題ないです。リンク元サイトの

  • トップページから
  • サイドバーから
  • フッターから
  • コンテンツから

どれでも、最初は無問題です。やはりこれだけでは、ペナルティには影響しません。
キーワードのSEOスコアがリンク元とリンク先の状況次第であることは同様です。

これが、クラスタリング(リンクを中心としたいろいろなカテゴリー別の集合体)や、クロニクル(時間的推移や経時変化)がからんで、同じパターンでもペナルティが発動したり、無事であったりするのです。

人に分かりやすいのは「モノ」や「かたち」で語ることです。

ですから最大公約数的に、SEOエキスパートは(私も含めて)リンク集や過度の自作自演、業者依頼(特に有料リンク)を否定し、あるいは批判し、あまり分かっていない人は誹謗中傷しています(笑)

しかし、 リンク元やリンクタグといった「モノ」、見える「かたち」では分からないのが、Googleのリンク評価なんですね。

哲学・認識論ではモノではなくコト、禅や茶道で言えば、スガタ(姿)のカタチ(型)ではないスガタ(相)のカタチ(形)です。

たとえば、競合サイトのバックリンクをYahoo!で調べてみると、なんと複数のリンク集50サイト・ページを見つけた!
よし、このライバルに勝つには、もっと多くのリンク集に、3000とか5000とか登録すれば、おれは勝つ!! とやるんですよねぇ…

まったく同じリンク集でも、競合の場合はGoogleで評価されるけど、自分の場合はペナルティになる、そういうことがあるんです。

これを商用サイトのオーナーやウェブマスターが、逐一調べまわるのは費用対効果が合わないでしょう。

SEOは手段、ビジネスが目的。賢い選択は、SEOマニュアル でしょう!

とにかく、バックリンクの量産、しかも短期間、これはほとんどアウトです。
IPアドレス分散しようが、中古ドメインだろうが、もちろん新設サイトはなおのこと。

«
»