遺伝子レベルのSEO:澤田 光宏(著) 網羅的な正統派SEOの良書

本日(2010-04-27)、MdNのSK氏から送っていただいたSEO本を紹介しよう。

遺伝子レベルのSEO:澤田 光宏(著)

遺伝子レベルのSEO~数値的な裏付けをもったキーワード群を土台に長期的で確実に集客効果を得るウェブ制作術~: 澤田 光宏

これまでも何冊も、各社から献本いただいているが、いつもシカトしてきた。(ごめんなさい)

今回は良書なので紹介しておきたい。

特に塾生のみなさんは、この本をベーシックにSEO塾マニュアルで知識や技術をふくらませると、非常に有益だろうと思う。

目次は、次のとおり。

  • 第1章 スパム判定を受けないための知識
  • 第2章 SEOを意識したWebサイト全体の設計
  • 第3章 ニーズのあるキーワードを手に入れる
  • 第4章 格付けキーワードでサイトマップを作る
  • 第5章 ワイヤーフレームから考えるデザイン
  • 第6章 内部要因の質を高めるHTMLタグと原稿
  • 第7章 検索サイトに意図を伝えるWeb標準化
  • 第8章 低コストで効果のあるWebプロモーション
  • 第9章 安全なIP分散とサテライトサイト戦略
  • 第10章 ライバルサイトの「強み」と「弱み」を把握する
  • 第11章 改善計画が見えてくる成果の検証
  • 第12章 成果を出し続けるWebサイトの運営

アンチスパムからはじめるのも、いかがわしい「SEO対策」屋とは違って、脅して契約を取ろうとする態度ではない(笑)
簡単ではあるものの網羅的で、ホワイトハットとブラックハットの境界に迷っている人には役に立つはずだ。

第3章のキーワード探索も、かなり参考になる。

第9章も、為にするIP分散やサテライトではなく、バックリンク量産というよりも、本物の惑星の回りの衛星という位置づけのサイト群構築であり、新鮮である。

極めつけは、専用サイトを用意して、書籍内のツールのダウンロードや、サイトへのリンクなど、親切である。

方向性としては、SEOが目的化しておらず、細かいチップスや裏技といった衒いもなく、まぎれもなく商用サイト作成の指南本といったところである。

「SEO対策」本をベースに事業仕分け

この本をいただく直前に、Amazonで「SEO対策」と検索して出てきた本を10冊近く購入した。

今回のセミナーでは、これらの本の「SEO対策」を抽出して、事業仕分けしてみる。

つまり、本やサイトで言われる「SEO対策」で、ホントとウソをセミナーで解説する趣向である。できるだけ、理論的、実証的な根拠を添えてみる。

これに、SEO塾オリジナルを加えて、上位表示に役立つ知識や技術のリストラを断行するというわけだ。

«
»