Yahoo!のTDPとGoogleのエイジング・フィルター?からの脱出に成功!

さすがに、ここ数カ月で何十ものサイトを立ち上げると、新設サイトのSEOの問題が山のように押し寄せ、目が届かなかった既存サイトにトラブルも起こっている。

SEO塾マニュアルは、PowerPointとWordの原稿が完成して、配布可能な形式に仕上げるだけになったのだが、今回のYahoo!のTDPとGoogleのエイジング・フィルター?からの脱出に成功したのも、マニュアルのとおりに実践したからである。

Yahoo!のTDPのリカバリー

今回は、何度もTDPにかかり、かつその都度リカバリーしてきたサイトだが、忙殺されていたことがあり、ピンポイントで1つずつリカバリー策を試したいということもあって、発症?からリカバリーまでに1カ月を要してしまった。

下図は、上位表示されていたあるサイトのあるキーワードのGRCのグラフである。

ヤフーTDPのリカバリーに成功

赤い線がYahoo!の順位の推移である。圏外になっていないのは、他のページが100位前後で代行していたからである(笑)

ご覧のように、青のGoogleはずっと上位表示のままである。
緑のBingは、2回ほど圏外の状況があったものの、これまた上位表示されている。

今回は、実は宗旨替えをしている。

今までは、TDPの発動もリカバリーも正規のYahoo! SEOとは別にあつかってきたのだが、TDPを含むYahoo!のトラブルもアルゴリズムの裏側と見なし、ある確信を持ってリカバリー策を実行した成果である。

つまり、Yahoo!のアルゴリズムの表と裏を読んで、引っかかるものを撤去してリカバリーできたのである。

Googleのエイジング・フィルターか何かのペナルティを解除

こちらは別の新設ブログ。

あるキーワードでは、立ち上げてすぐにGoogle、Yahoo!、Bingで上位表示できたのだが、下図のGRCグラフにあるとおり、ある時から順位を下げ、圏外もありという状況だった。

Googleエイジング・フィルターの解除に成功

これまた、個々のSEOをリストアップしながら、すべてを数値化していって、何が問題なのかを発見しやすくなったのである。

実際、これと同じキーワードで、同じ時期に公開した別の新設ブログもいくつもあって、今回のサイトだけがGoogleでペナルティを受けたのである。
しかも、もっとも力を入れてSEOをやり込んだサイトの不振だけに、不審の極みである。

こちらは、状況証拠もそろっているので、別の新設ブログとの差分を抽出して、それを暫定的に取り除くことによって、エイジング・フィルターか何かのペナルティを解除できた。

これが「エイジング・フィルター」であるならば、ペナルティ発動には複数の条件がある。3つあれば、2つまでなら発動しない。

ともあれ、Googleは分かった気でいたのだが、今回マニュアル作成にあたって、Google社が関係する特許文書を再確認したり、自分で研究や検証をしている無名のSEO情報サイトなどを検索して、Google SEOも深まった。

SEO塾マニュアルは2月22日発売!

下図は、Word原稿のスナップショットである。

キーワード、アンカーテキストのキーワード、リンク、ページなどを細かく刻んで、数十もの項目でSEOスコアという数値を設定している。
小さいものまで足していけば、100や200になるだろう。

SEO塾マニュアルは個別のseoオペレーションを数値化

SEOのすべてのオペレーションを具体的に数値化する「SEOスコア」だけでなく、同じ項目をGoogle・Yahoo!・Bingで評価し、かつ違いも明確化している。

つまり、三大検索エンジンを、統一したSEOで、具体的に緻密に攻略できるマニュアルとなっている。

極めつけは、TDPなどのペナルティも例外として別のオペレーションで片付けるのではなく、アルゴリズムとペナルティをメダルの表と裏というように、総合的に判断し、上位表示とリカバリーをシステマティックに実行できるのである。

SEO塾マニュアルは、100ページ。下図はその一覧のスナップショットである。

SEO塾マニュアルは約100ページ 究極にして至高のSEO教材

SEO塾テキストとは別物

さて、SEO塾テキストも数百名の方に購入いただいているが、この場で謝罪しておきたい。

今回のマニュアルは、内容も見栄えもテキストとは比べものにならないものに仕上がっているからだ。

まず、スライドの画像自体もマニュアルに貼りつけてあるから、情報が集中している。あれこれ見るような面倒もない。

そして決定的なのは、机上の理論書のようなテキストに対して、マニュアルはたちまち上位表示を目指している。

差分は量的にも質的も多くなっている。

テキストにあってマニュアルにないものはたくさんある。
実際の上位表示に必要ないもの、蘊蓄などは、ばっさり切り捨てた。

もちろん、マニュアルにあってテキストにないものも数多い。

キーワード・内部リンク・外部リンクのキーワード系SEOスコアに加えて、ページ年齢やリンク年齢といったページ系SEOスコアも発明している。
今回は、ツールバーでない本物のPageRankの計算式をベースに、リンクの出し入れによるページの優劣も数値比較できるようにしている。

時間軸もSEOの対象にしているので、そのままでは不利な新設サイトがどうすれば最短で上位表示できるのか、瞬間的なペナルティを受け流すことができるのか、かなり肉薄できているはずだ。

要するに、タイトルやh1にキーワードを書く。古いページや新しいページからリンクを張る。それが「なんぼのもんじゃい」と、具体的に数字で比較検討できるのである。

SEO塾マニュアルは、2010年2月22日発売。

今回は、特別なキャンペーンを準備中である。

まずは、近日中に発行のSEO塾メールマガジンで告知。

今すぐ SEO塾のメールマガジン:SEOアクセス アップSEMオーダーアップSEO塾 から読者登録を!

«
»