Googleの全貌:日経コンピュータ編:日経BP社刊 インターネットビジネス従事者の必読書

『Googleの全貌』という凄い本を今読んでいる。

きっかけは、グーグルを報道できなかったコンピュータ専門誌:ITproの記事を読んでから。

Googleの全貌は、Googleだけでなくインターネットのビジネス情報が迫り来る

グーグルを報道できなかったコンピュータ専門誌:ITpro

残念ながら、わが日経コンピュータは過去数年にわたって、特オチを続けてきた。それはグーグルの動向に関してである。今や、グーグルに関する書籍は多数出版され、様々な雑誌が繰り返し、特集を組んでいる。ところが、コンピュータ専門誌でありながら、日経コンピュータはグーグルのことをほとんど報じてこなかった。

まあ、日経ビジネスや日経ベンチャーは読んでいるが、日経コンピュータは読むまでもないと思っていたから、ふーんという感じだ。

「グーグルって何?」。こう聞かれたら、あなたはどのように答えるだろうか。極めて単純な質問だが、いざ答えようとすると、案外難しい。

それならグーグルの幹部や技術者に米国本社で実際に会い、「グーグルって何?」という疑問をぶつければ、一つの答えが出せるのではないかと思いついた。幸いにも実行に移すことができ、その結果をまとめて本書を作った。

というわけで本書の目玉は、30人近いグーグラー(グーグル社員)が登場する3章と5章である。これだけ多数のグーグラーに直接取材してまとめた本は我が国で初めてだと自負している。

1章 グーグル、次の一手
2章 検索、メール、OS ~ 常識打破への挑戦
3章 グーグラーが語る技術開発戦略
4章 データセンター ~ 自前で最強を実現
5章 グーグル気質に見る強さの秘密
6章 ソースコードから見るグーグル気質
7章 グーグルの課題 ~ 競合から社会、法律まで
8章 グーグルの大望 ~ ネット至上主義の行く先

とにかく、人独りが書いた偏ったものではないこと、それなりのレベルで組織だって作り上げたこと、なにより題材がGoogleであること、この『Googleの全貌』はだから凄いといえるのである。

Googleの全貌:日経コンピュータ日経BP社

Googleの全貌:日経コンピュータ

まず、「世界中の情報を整理し、世界中の人々がアクセスできて使えるようにする」というGoogleのミッションから紹介される。

また現在のブラウザーは、Webのない時代に仕様が決められたOSで動くように突貫で設計されているため、あるべきブラウザーのためのOS開発が必要ではないかと、CEOや創業者から提案されたらしい。

そして刺激的なのは、『常識への疑問符と既存秩序への挑戦』と、Googleの歴史を総括していることである。イノベーションが社風ということだ。

さらには、あらためて1998年の創業からずっと赤字続きで、2000年のAdWordsデビューによって、はじめてビジネスモデルが確立したと。
アメリカのベンチャーキャピタルの太っ腹なところだろうか。こういうエコシステムがないから、日本ではGoogleに限らず、AppleやAmazon、MicrosoftとかIntelとかOracleとか、誕生しないのかもしれない。

どうしても、OSやブラウザーやスマートフォンやクラウドが、Googleの技術開発力の例として挙げられていてページ数も多いのだが、やはり検索会社、アルゴリズムの話も収穫が多い。

興味深いのは、アルゴリズムは世界統一、一つ足したら一つ削る、正解の決め打ちではなくとにかく試してみる、アルゴリズムの複数バージョンで差分を比較、などなど。

日本の検索ではYahoo!がナンバーワンであっても、数年後にはどうなるか分からない。

それ以外にも、PCからネットブック、ケータイからスマートフォン、レンタルサーバーやローカルマシンからクラウド、といったこれからのインターネットのトレンドに触れる意味でも、Google情報は欠かせないだろう。

Googleの全貌 は、必読である。

«
»