隠しテキストへの警告 Webmaster Central 日本版 公式ブログから

Webmaster Central 日本版 公式ブログ から、あらためて隠しテキストに関する注意が促されている。

「たとえ検索エンジンが存在しなくてもそのテキストを書いたかどうか」

Webmaster Central 日本版 公式ブログ: 隠しテキストは Google のウェブマスター向けガイドライン違反です から。

Google の検索は、隠しテキストに限らず、ユーザーが閲覧するウェブページと Googlebot が取得するウェブページの情報が大きく異なる状態を好みません。

GoogleのSERPs(検索結果)は、Googlebotが取得したものを表示しているため、ユーザー利便性をいちじるしく損なうというのがその理由であると。

また、隠しテキストになっているサイトの具体的な事例を示している。

じつは、このサイトでは CSS で隠されるテキストが通常のブラウザでは表示されないことを利用して、 関連するキーワードでの検索にマッチさせるためのキーワードを隠していたのでした。

このようなテキストは、「 隠しテキストと隠しリンク 」 と見なされ、このサイトの情報は、Google が適切な検索結果を提供するうえで信用できないと認識され、サイトが Google の検索結果から一時的に削除されることがあります。

ポイントは、そのテキストがユーザー向けであることです」として、例えば隠しテキストや画像のalt属性なども、ユーザー利便性をかなえているならば、ユーザーのことに配慮しているならば問題はない。検索エンジンの方を向いて書かれたテキストであれば、検索削除などのペナルティを科すと。

そして、一般のブラウザーではなく、Lynxw3m な どのテキストブラウザを使ってサイトを閲覧するべきだと。

判断に迷った際は、「たとえ検索エンジンが存在しなくてもそのテキストを書いたかどうか」と考えてみてください。もし検索エンジンが存在しなくても、そのテキストがユーザーの利便性のために必要なものであると思われる場合、おそらくそれはガイドライン違反ではありません。

なお、隠しテキストが原因で、インデックス除外されている場合は、サイトを修正し、再審査リクエスト を送信するようにと。

ところで、今回の事例では、HTML内のテキストをCSSによって隠しているのだが、HTMLとCSSを照合して隠しテキストが有るか・無いかを、どうやって判断するのだろうか?という疑問がわく。

  1. GooglebotがCSSも読んでいる
  2. Googleのスタッフ、スパムハンターたちがチェックしている
  3. ユーザー、あるいは競合の密告で摘発している

さあ、どれだろうか?

«
»