Googleのリッチ スニペットを活用 このブログに設定、かつGoogleに申請

検索の王者Googleがまたまた新しい機能を披露してくれた。

Webmaster Central 日本版 公式ブログ: リッチ スニペットの導入について

リッチ スニペットは、Google のアルゴリズムを適用して、ウェブページに埋め込んだ構造化データを強調表示する、新しいタイプのスニペットです。

リッチ スニペットのmicroformatsもしくはRDFa

上記のエントリーでもよく分かるが、さらに詳しくは、

リッチ スニペット – ウェブマスター/サイト所有者 ヘルプ

Google はまずはレビューと人物に関する情報を利用する予定です。

ということなので、早速「人物」のリッチ スニペットを、弊社管理サイトのいくつかに採用してみた。

サンプルは次のとおり、

例: RDFa

<div xmlns:v="http://rdf.data-vocabulary.org/#" typeof="v:Person">
<span property="v:name">京都 次郎</span>
<span property="v:nickname">次郎</span>
<span property="v:url">http://example.com/Kyoto_Jiro</span>
<span property="v:affiliation">ACME</span>
<span rel="v:address">
<span property="v:locality">京都市</span>
</span>
<span property="v:title">エンジニア</span>
<a href="http://example.com/Tokyo_Taro" rel="v:friend">東京 太郎</a>
</div>

よって、このSEO塾ブログのサイドバーに、次のようなソースでリッチ スニペットもどきを設定してみた。

<h3>ブログ運営者</h3>
<div xmlns:v="http://rdf.data-vocabulary.org/#" typeof="v:Person">
<p><span property="v:name">石崎 和男</span>:<span property="v:nickname">SEO塾 主宰</span><br />
社長ブログ:<span property="v:url">http://seo塾.com/</span><br />
<span rel="v:affiliation">
 <span about="http://www.algorism.co.jp/" property="v:name">株式会社アルゴリズム</span>
</span><br />
<span rel="v:address">
 <span property="v:locality">広島県福山市</span>
</span><br />
<span property="v:title">代表取締役</span></p>
</div>

この設定を Rich Snippets Testing Tool で確認すると下図のようになる。

このSEO塾ブログのリッチ スニペットをRichSnippetsTestingToolで確認

このようなツールまで提供して、Googleはコンテンツ提供者、つまりWebマスターに対して非常に親切なのね…

そして、microformatsもしくはRDFaで、リッチ スニペットをサイトに設定したら、下記ページからGoogleに申請する。

はやく、日本でもGoogleのシェアが圧倒的になればいいのにね。

RDFaではW3Cバリデートでエラーが出るのでmicroformatsに変更

さて、念のためW3Cのバリデーターでチェックしてみたら、RDFaのクラスがエラー表示されてしまった。

よって、microformatsに変更。

<div class="vcard">
<p><span class="fn">石崎 和男</span>:<span class="nickname">SEO塾 主宰</span><br />
<span class="url">http://www.algorism.co.jp/</span><br />
<span class="org">株式会社アルゴリズム</span><br />
<span class="adr">
 <span class="locality">広島県福山市</span>
</span><br />
<span class="title">代表取締役</span></p>
</div>
Rich Snippets Testing Tool でもキッチリ表示された。

«
»