SEO塾セミナー・キャンプ大阪 確認メール送信とHTTP ステータス コードを確認

今回のキャンプ・参加予定者とセミナー大阪会場・受講予定者には、確認のメールをお送りしている。

もし届いていない方がおられたら、早急に連絡をお願いしたい。

HTTP ステータス コードを確認するツールとSEO的意味

SEOマスターを要請するMBA講座を目指すキャンプはともかく、今回はセミナーでさえも、非常に広く深い内容となっており、限られた時間では扱う情報量がはみ出すおそれがありそう。

よって、かなりボリュームのある事前配付資料をダウンロードしていただくようにしている。

この資料は、必要に応じて、つまり暗記できる方を除いて、印刷して持参していただきたい。

また、持参云々の前に、予習もお願いしたいところである。

ブラウザーでページを閲覧し、HTTP ステータス コードを確認する

さて、現在のYahoo!やBingで起こっているダウンペナルティの原因を探るには、ブラウザーで自サイトのページを表示して、HTTP ステータス コードをトレースしてみるべきである。

SEO塾の推奨は、FirefoxとLive HTTP Headersのアドオンである。

また、どうしてもMicrosoftのInternet Explorerがいいの!という方は、ieHTTPHeaders で適当なページを開いて、インストールする。

本当は確認する必要はないと言えるかもしれない。

なぜなら、世界中でこのトラブルに対応できているのはGoogleだけだからである。私の確認する範囲では…

つまり、Yahoo!もBingも、自サイトが対応できていないのに、こちらにペナルティをかけてくるから、腹立たしい!

今にして思えば、ヘルプも、Googleは静的ページなのに、Bingを含むMicrosoftのサイトはすべて動的ページである。
たぶん、Microsoftの中の人は、Webページの地獄を知らないし、対応もしないし、できないだろうと思われる。

Yahoo!検索がBingを搭載したときが、この世の終わりかもしれない…

同一ページが複数のURLでインデックス。存在しないページのURLで404を出さずに別のページを表示

なお、CMSなどの動的生成システムを採用しているECサイト、あるいはブログなどは、このダウンペナルティのキャリア(保菌者?)となっており、いつでもあるトリガーが引かれると発症する可能性がある。

Yahoo!のダウンペナルティの疑いがありそうな、データベース型、動的生成型の商用サイトは、要注意である。

楽天などのモールや、ネットショップ構築支援ツールなどでも、売り切れなどによって商品ページを安易に削除していると、404ステータスコードを出していない、あるいはさらに転送していたりするから、検索エンジントラブルを招き寄せることになる。

さらに大きな問題は、特にBingでは、301であろうと、robots.txtでブロックしようと、メタタグでfollowやindexやcashを拒もうと、canonicalで正規化していようと、一番最初にインデックスしたURLがそんなに好きでたまらないのか、いつまでも新しいURLに差し替えないことである。

よって今、Yahoo!で順位ダウンしていて、Bingでも調子が良くないところは、何もしなければ、Bing搭載まで、そしてBing搭載後も、ずっとずっと順位ダウンする可能性が非常に高い。

再起不能かもしれないので、ペナルティの分析とか、にわかリカバリーとか止めて、新しくサイトを立ち上げた方が費用対効果が圧倒的に高いだろう。

Amazonの事例

最後に、SEOを極め尽くしたAmazonでも、Yahoo!ではボロボロとなっている例をあげよう。

まず、Yahoo!ではAmazonの商品ページがトップ表示されていない。

さらに、クリックしてアドレスを見ると、GoogleとBingは同じものだから、Amazonも狙いどおりなのだろうが、Yahoo!ではそうはなっていない。

  • Googleの検索結果をクリック
    ・Amazon.co.jp: 市場の変相: モハメド・エラリアン, 牧野 洋: 本
    http://www.amazon.co.jp/%E5%B8%82%E5%A0%B4%E3%81%AE%E5%A4%89%E7%9B%B8-%E3%83%A2%E3%83%8F%E3%83%A1%E3%83%89%E3%83%BB%E3%82%A8%E3%83%A9%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%83%B3/dp/483341905X
  • Bingの検索結果をクリック
    ・Amazon.co.jp: 市場の変相: モハメド・エラリアン, 牧野 洋: 本
    http://www.amazon.co.jp/%E5%B8%82%E5%A0%B4%E3%81%AE%E5%A4%89%E7%9B%B8-%E3%83%A2%E3%83%8F%E3%83%A1%E3%83%89%E3%83%BB%E3%82%A8%E3%83%A9%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%83%B3/dp/483341905X
  • Yahoo!の検索結果をクリック
    ・Amazon.co.jp: 市場の変相: モハメド・エラリアン, 牧野 洋: 本
    http://www.amazon.co.jp/dp/483341905X%3FSubscriptionId=1CR2KCSDNRVJY76AMX82&tag=ikedanobuo-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=483341905X

まったくアホらしいことに、「ikedanobuo-22」と例の池田信夫さんのアフィリエイトIDが付いているわけだ!!

つまり、「市場の変相」のYahoo!検索からAmazonへ行くと、池田信夫さんに報酬が入るわけ?

念のため、もうひとつ。

そして検索結果をクリック、

  • Google:Amazon.co.jp: ブラック・スワン[上]―不確実性とリスクの本質: ナシーム・ニコラス・タレブ, 望月 衛: 本
    http://www.amazon.co.jp/%E3%83%96%E3%83%A9%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%BB%E3%82%B9%E3%83%AF%E3%83%B3-%E4%B8%8A-%E2%80%95%E4%B8%8D%E7%A2%BA%E5%AE%9F%E6%80%A7%E3%81%A8%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%81%AE%E6%9C%AC%E8%B3%AA-%E3%83%8A%E3%82%B7%E3%83%BC%E3%83%A0%E3%83%BB%E3%83%8B%E3%82%B3%E3%83%A9%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%82%BF%E3%83%AC%E3%83%96/dp/4478001251
  • Bing:Amazon.co.jp: ブラック・スワン[上]―不確実性とリスクの本質: ナシーム・ニコラス・タレブ, 望月 衛: 本
    http://www.amazon.co.jp/%E3%83%96%E3%83%A9%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%BB%E3%82%B9%E3%83%AF%E3%83%B3-%E4%B8%8A-%E2%80%95%E4%B8%8D%E7%A2%BA%E5%AE%9F%E6%80%A7%E3%81%A8%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%81%AE%E6%9C%AC%E8%B3%AA-%E3%83%8A%E3%82%B7%E3%83%BC%E3%83%A0%E3%83%BB%E3%83%8B%E3%82%B3%E3%83%A9%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%82%BF%E3%83%AC%E3%83%96/dp/4478001251
  • Yahoo!:Amazon.co.jp: ブラック・スワン[上]―不確実性とリスクの本質: ナシーム・ニコラス・タレブ, 望月 衛: 本
    http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4478001251/investment-22

今度はもっとわかりやすい短いURL。そして「investment-22」w

つまり、これほどYahoo!のインデクサーの性能は劣っているのである。

これが、すべての動的生成サイトで起こっているから、ペナルティも広範囲、かつリカバリーが難儀するわけだ。

«
»