Bingのインデックス robots.txtのDisallowも メタタグのnoindexも無視

Yahoo! Inc.がMicrosoftの検索と広告を採用すると発表したこと、Yahoo! JAPANも追随するだろうということ。

これが、SEOの狭い世間で騒動になっているのか…

SEO塾の見解としては、Yahoo! JAPANが実際にBing検索を実装するまでは、何が起こるか分からないと推察する。

Bingの検索エンジン性能は、Googleはおろか、Yahoo!(YST)にさえ劣っている

Yahoo! Inc.の検索と広告のスタッフもMicrosoftに移籍し、検索アルゴリズムも大きく変化する可能性がある。

YSTのサーバーなどのハードや、クローラーやインデクサーといったソフトも、Bingに加わるかもしれない。

よって、今目の前のBingを分析や評論しても、将来のYahoo!検索対策にどれだけ役に立つか、はなはだ疑問である。

一番の問題は、Yahoo!のハードやソフトや人材とフュージョンした新生Bingが、どれだけGoogle的な検索エンジンを凌駕しようという意志を持つかである。

この点では、Microsoftはオーディエンスの不満の声に耳を傾ける可能性があるだろう。Yahoo! Inc.とは違って…

ということで、今回は一ユーザーとして、主に海外情報であるBingのインデックスの不備を、実例をもって示しておく。

Bingの検索エンジン性能 インデックスの不備

弊社メインサイトwww.algorism.co.jpを例に、BingのWebmaster Centerでインデックスを調査してみる。

Bing Webmaster Centerのalgorism.co.jpのインデックス

インデックスの一番上にあるのは、タイトルが「www.algorism.co.jp」で、そのURLはなんと「www.algorism.co.jp/category/sub_category/​dummy.html」となっている…

「Indexed pages: 100」と右上にあるが、この「100」をクリックすると、

と、siteコマンドのインデックス一覧が表示される。

よって、BingのWebmaster Centerを経由しなくても、サイトのインデックスを調べることができることになる。これはGoogleと同じである。

robots.txtで拒否、メタタグで拒否、それでもインデックスするからたまらない

この「www.algorism.co.jp/category/sub_category/​dummy.html」というファイルは、メインサイトでいろいろ仕掛けるためのダミーページであり、だからこそ、ロボッツテキストやメタタグで、検索エンジンが見逃すように最初から設定しているのである。

robots.txtではDisallowでロボットを拒否"

上図は、Dreamweaverのスクリーンショットである。

SEO塾サイト開設まもなく、2008年8月29日には、このダミーページにはロボットがアクセスしないように、設定してあるのだ。

しかも、このページ自体には、

<meta name="robots" content="noindex,nofollow" />

をメタタグに記述している。

よって、こんな検索エンジンがそれなりのシェアを持つということは、不幸になりかねない。

Yahoo! Inc.からの移籍組は、キッチリ指導してやって欲しいものだ。

ほかにも、Bingがボロボロな点はいくつかあるが、それはSEO塾セミナーでサプライズしよう。

«
»