MicrosoftとYahoo! Inc.の検索広告提携 今度こそ決定か

MicrosoftとYahoo! Inc.との、検索広告分野における提携が、来週発表されるかもしれないと。

MSとYahoo!の検索広告分野での提携、来週にも正式発表か? – 米報道 | ネット | マイコミジャーナル

米Microsoftと米Yahoo!の検索広告分野における提携が、早ければ来週にも正式発表されることになるかもしれない。

こういった水面下の交渉も、Yahoo!(YST)インデックス更新の遅延に結びついているのかな?

残るのはBing、YST、両者のいいとこ取り?

スクープしたコラムニストは、MicrosoftとYahoo! Inc.の提携内容について、「複数のパターンを入手済み」らしい。

それらに共通するのは、MicrosoftがYahoo!への数十億ドル規模の資金提供の見返りに同社の検索広告ビジネスを引き継ぎ、その収益のうち決められた金額をYahoo!へと払い戻す形態だ。このほか、バナーなどのディスプレイ広告での取引も提携内容に含まれているという。

アメリカの大企業の事業の成り行きは、われわれは傍観するのみであるが、問題は、検索とか広告とかのコアが何になるのかである。

アメリカでは、Bingがわずかながらにシェアを上昇させているものの、Yahoo!はまだ2倍以上である。

検索連動広告は、旧OvertureのYahoo! Search Marketingの方に一日の長がありそう。

Bingはエンジンの性能よりも、意志決定という方向性がナイスなんだと思う。これまたYSTの方が優れているのでは?

ともあれ、今回の話が実現したなら、日本のYahoo! JAPANの検索や広告もどうなるか…

われわれの悩みもつきることはない。

«
»