相互リンクの落とし穴 Google Chrome セーフ ブラウジング機能

Yahoo!ログールで、いろいろ実験を行っている。

こちらをお気に入りに設定してくださった方のサイトは、折りにふれ拝見させていただき、こちらもお気に入りにさせていただくケースがある。

そこで、非常に気になる記事を見かけた。

不正なソフトウェアを含んでいるかフィッシングに関与している可能性のあるサイト

気になる記事とは、次のブログである。

Googleは「不正なソフトウェアを含んでいるかフィッシングに関与している可能性のあるサイト」のブラックリストを作成しており、Google Chromeのセーフ ブラウジング機能によって、警告を出してそのサイト・ページを表示させないようにしているらしい。

問題は、ちょっと予想外だったのは、上記のブラックリストのサイト・ページだけでなく、

  • ブラックリストのサイト・ページにリンクしたサイトも、Chromeで表示されなくなる(つまりブラックリストの仲間入り?)
  • リンクを切っても警告は已まない(つまりブラックリスト確定?)
  • 警告は、リンクしたページだけでなく、サイト全体に及ぶ(つまりサイト丸ごとブラック!?)

ということらしい。

MKG – リンク厳禁なGoogle警告サイトとは

この問題サイト管理者は、たぶん無意識のうちに自分を支援してくれる多数のリンク元に迷惑をかけていたのです。このサイトに関連した警告が頻繁に見受けられます。たぶん相互リンクが多いのではないでしょうか。

相互リンクが元凶であるとは言い切れないが、状況証拠はそうだということだろう。

ぜひとも上記ブログに行って、詳しく読んでいただきたい。

対処法として、Google Chromeのセーフ ブラウジング機能をオンにして、自分が管理するサイトや、リンク先などをマメに閲覧することを推奨している。

なお、上記ブログのリンク先 ぜろだまBlog: GENOウィルスとGoogleセーフブラウジング では、URLを直打ちで調べる方法が書いてある。

Yahoo!でも、リンク元が、こういった状況であればペナルティを与えると言っているわけだから、定期的に相互リンク先はチェックした方がいい。

また、サイトを多く所有している場合は、Webサイトを管理するPCと管理サイトが、ウイルスやマルウェアなどに感染していないことも、確認するべきだろう。

Google Chromeのセーフ ブラウジング機能

さて、Google Chromeのセーフ ブラウジング機能をオンにするやり方であるが、

全般のプライバシー : セーフ ブラウジング – Google Chrome ヘルプ

Google Chrome で [フィッシングや不正なソフトウェアからの保護を有効にする] オプションを選択すると有効になり、

とある。

私のChromeを確認したところ、オフになっていたので慌てて先ほどオンにしたところである(笑

Firefox もGoogle謹製のブラックリストを流用しているようだ。

«
»