同業者、ならびに情報商材を開発し販売している皆さんへ われわれの商材が違法に取り引きされています

今コメントでやり取りしているリアルタイムのアクセス解析を見て、驚きました。

違法経済は、ネットで広がりネットで摘発される

情報商材無料交換 商材交換 情報起業アフィリエイト インフォトップインフォカート で、弊社の商材を含む、アプリケーションや情報商材が取り引きされているようです。

交換ということで、容量無制限の無料オンラインストレージ などが利用されています。

私は、しかるべき防衛策を講じましたが、皆さんも対策をどうぞ。

これだから、リアルタイムのアクセス解析が手放せないんですね…

しかし、私はアクセス解析で発見したのですが、インターネット時代は特有の犯罪行為がはびこるわけです。

デジタルデータですから、複製は無制限ですね。
そして、シリアル、IDやパスワードを添付すればいいわけです。

AdobeやMicrosoftは、そういった海賊行為との戦いで、結果的にはコストを正規ユーザーに上乗せしているんでしょうね。

インターネットでの、デジタルデータ販売は容易です。

だかしかし、販売するには密かにでも公開するわけですし、公開されれば、検索やアクセス解析などに引っかかるという。

こうして、すべてはトレードオフの関係にあると…

«
»