Sparks & Company(スパークス アンド カンパニー)とエルテスのYahoo!・Googleボウリング・サービス?

「株式会社Sparks & Company(スパークス アンド カンパニー)」と「株式会社エルテス」による、もの凄いSEOサービスである。

  • Techinsight » 誹謗中傷サイトを検索結果から自動排除 即効性のある便利なサービス登場

Sparks & Company(スパークス アンド カンパニー)とエルテスが、誹謗中傷ページをブラックハットで落とす!?

まあ、SEOに精通していたら、とても下記のような文面を書くことはできない。

今回登場した「スパークス・リスクバスター」は、ヤフーやグーグルなどの検索サイトにおいて、悪意のあるサイトを検索結果の上位から排除することができる。そのため即効性があり、的確な対処ができる。

社名、商品名、サービス名といった特定のキーワードで検索された結果画面に上位表示されている不適切なサイトを、下位に下げていくというサービスだ。

日本の法律に基づいて、名誉棄損や営業妨害という正攻法で、Yahoo! JAPANやGoogleに訴えるのではなく、株式会社Sparks & Company(スパークス アンド カンパニー)と株式会社エルテスが、SEOのある手法を駆使すると受け取れる。

この場合は、質の悪いリンクを張り込んでターゲットページにペナルティを期待するという方法であろうから、Yahoo!ボウリングおよびGoogleボウリングということになる。

まず、Googleはスパムリンクで順位下落させないと、Matt Cuttsが言っている。
よって、Sparks & Company(スパークス アンド カンパニー)とエルテスのサービスの実現性が疑わしい。

さらには、Sparks & Company(スパークス アンド カンパニー)とエルテスが、スパムのサイトやページをあらかじめ作っておいて、そこからクライアントが希望するサイトやページに向けてリンクを浴びせて、順位下落させると予想されるから、これもブラックハットに間違いない。

「Sparks & Company(スパークス アンド カンパニー)」と「エルテス」は、このページを消すことができるか?

さて、このページは、「Sparks & Company」「スパークス アンド カンパニー」と「エルテス」でSEOを仕掛けている。

数十分後には、Googleで上位表示されるようになるはずだ。

また、3日後くらいには、Yahoo!でも検索されるようになるだろう。

はたして彼らは、「Sparks & Company」「スパークス アンド カンパニー」「エルテス」で検索されるこのページの上位表示を阻止することができるだろうか?

«
»