SEO塾3サイトのGoogleサイトリンク SEOで成功するサイトの条件

弊社の株式会社設立と並行して、新規に3サイトを立ち上げたのだが、何回かのトップページダウンペナルティがあったものの、6か月ちょっと経った今、ほとんど順調にSEOの成果を上げている。
しかも、もっとも心配されたGoogleのエイジング・フィルターも免れている。

そして、意図したキーワードによる順位アップもさることながら、PageRankはオール4、さらにはサイトリンクまで表示されている。

SEO塾のメインサイト・公式ブログ・社長ブログのGoogleサイトリンク

まずは、SEO塾のメインサイト、SEO塾のセミナーと講座 株式会社アルゴリズムはSEOコンサルタント である。

SEO塾メインサイトのGoogleサイトリンク

今のところ、サイトリンクが表示されるキーワードは「株式会社アルゴリズム」。

「ールマガジン」というのが唯一気持ち悪いが、なかなか壮観なサイトリンクとなっている。

サイトリンクが出るには、Google検索でトップ表示されることが絶対条件であるが、そのキーワード自体にも検索のポピュラリティがあるのかもしれない。
つまり、それなりの検索回数でないとダメかもしれないということである。

また、サイトリンクの数も、上記では7つであり、最高は8。この7になるか8になるか、違いも分からない。

さらに、どのページがサイトリンクに表示されるのか。リンクのポピュラリティなども評価されるのだろうか。

続いて、皆さんがご覧のこのブログ、SEO塾の公式ブログである。

SEO塾公式ブログのGoogleサイトリンク

今のところは、キーワードは「新SEOブログ」である。

サイトリンクに表示されている、YSTやオーバーチュア、検索エンジン最適化、その他、ある程度はウェブマスターとして納得がいくものである。

こちらも、7つ。

最後に、社長ブログ。

1円株式会社社長ブログのGoogleサイトリンク

これは未だに、どのキーワードでサイトリンクが表示されるのか、分からない。

さらに分からないのは、こちらは8つのサイトリンクになっている。
しかも、中には外部リンクが比較的多いからだろうと推察されるページもあるのだが、法則性がつかめない。

事後的な対症療法の間違ったSEOと、正しいSEO

さて、自慢話はともかくとして、一般に陥りやすいSEOの罠がある。

そこら辺に転がっているSEOネタを摘み食いして、順位が思うように上がらない、あるいはペナルティを受けるというものである。

あるいは、虎の子の1サイトで、Yahoo!でもGoogleでも上位表示、かつ両方からペナルティを受けない。あまつさえ、ペナルティを受けても以前の順位にリカバリーできるという幻想である。

まず、即効性があり、かつ既存サイトの修正も要らず、順位アップが期待できて、ペナルティも受けにくいSEOの方法は、"正しい"バックリンクの設定である。
有料リンク、相互リンク、リンク集一括登録、管理サイト総動員のクロスリンク、以外の、バックリンクの手当てである。

つまり、既存の出鱈目なサイトを温存して、リフォーム型SEOで成功するのは、"正しい"ことを学んで実行するバックリンクのみということである。

さらに、弊社の新設3サイトが、それなりの上位表示、PageRank 4、サイトリンク表示、TDPの最短リカバリーなど、SEOとして望ましい結果につながっているのは、何か起こるたびに、つまり事後的に対症療法としてSEOを追加したり修正したりしているのではなく、あらかじめ考えられる最高の設計(アーキテクチャー)に基づいて、立ち上げているからである。

結論は、リフォームより新築がSEOのベスト。ということである。

«
»