グーグルのQDFは3分で検索可能 カップ麺検索またはウルトラマン検索

先ほどのエントリーが、3分後にGoogleで検索された。

3分と言えば、「カップ麺」検索、または「ウルトラマン」検索と言うべき、GoogleのQDF(Query Deserves Freshness)アルゴリズムの鮮度検索である。

QDFで3分後に検索 カップ麺検索と言おうかウルトラマン検索と言おうか

投稿後3分後に検索されるようになったページは、次のとおり。

3分後にGoogleで検索される

ちなみに、本日はその前に「7分前」の記録を出している。

ところで、GoogleのQDF(Query Deserves Freshness)アルゴリズムとは、渡辺隆広さんの解説では、

検索結果の「鮮度」が変わる、Google "QDF"アルゴリズムの仕組み:渡辺隆広のサーチエンジン情報館 – CNET Japan

この検索結果の鮮度に対して1つの解決策を提示し、実行しているのがGoogle。Googleは "QDF" (Query Deserves Freshness)というアルゴリズムを用いている。

仕組みは次の通りだ。ある一定の期間において、ブログ記事やニュース記事の中で特定のトピックの出現量が増加した時、Googleはそれを「話題性 あり(hot)」と判断し、検索結果中に最新の情報を持つ(鮮度の高い)ページへのリンクの割合を増やす。これはGoogleが監視する検索クエリの増減 量と照らし合わせて判定する。

さて、このページは何分後に、Googleで検索されるようになるだろうか…

エントリーしたらすぐに、URLもしくはタイトルで検索してみることにしよう。

GoogleのQDF鮮度検索は3分が限界

タイマーを動かして、URLとタイトルで検索し続けたところ、やはり最短で「3分」が限界のようである。

このページも3分検索

ただし、このブログの場合は、エントリーして即タイマーを稼働させたところ、その時間は13分ほどかかっている。

これは、新規投稿でPingを放ち、それをたどってやって来るのだろうか、とにかくロボットがURLを見つけ、とりあえずクロールし、タイトルとスニペットとURLを表示できるようにしていると判断される。

当然、キャッシュはない。

アフィリエイトやロングテールで、瞬間的な話題、とにかくリアルタイムでユーザーに来て欲しいときには、このカップ麺検索は非常においしいと言えよう。

Ping 送信先のサーバ

とりあえず、このWordPressで設定しているPingの送信先は次のとおりである。

http://api.my.yahoo.co.jp/RPC2
http://blog.goo.ne.jp/XMLRPC
http://blogsearch.google.com/ping/RPC2
http://blogstyle.jp/xmlrpc/
http://ping.ask.jp/xmlrpc.m
http://ping.fc2.com
http://ping.myblog.jp
http://ping.namaan.net/rpc/
http://ping.rss.drecom.jp/
http://rpc.reader.livedoor.com/ping
http://rpc.technorati.com/rpc/ping
http://rpc.weblogs.com/RPC2
http://www.blogpeople.net/servlet/weblogUpdates

参考にして、カップ麺検索されるように頑張ってみてはどうだろう。

«
»