ペラサイトでAdSense SEOとアフィリエイトとWeb・HTMLとブログ

GoogleのAdSense公式ブログがある。

そして、「AdSense最適化のエッセンス」なるものものもエントリーしている。

  • Inside Adsense – 日本語
    • Inside Adsense – 日本語: 最適化のエッセンス

これは、広告に限らずユーザーにクリックされやすいナビゲーションの配置など、非常に参考になるなぁと感心していたのだが、ここからいろいろググっていって「ペラサイト」という聞きなれない言葉に遭遇した。これも知らなかったのは私だけ?

ペラサイトって…

ペラサイトとは、HTML1ページのサイト?

まあ、ペラペラのサイトとか、語感によって何となく想像がつく。

百聞は一見にしかず、すぐさま「ペラサイト」を検索してみる。

なるほど、「ペラサイト テンプレート」や「ペラサイト講座」や、「ペラサイトでアドセンス」など、手軽にアフィリエイト(主にAdSense)でお金を稼ごうという世界が見えてくる。

さて、ペラサイトのごとき1枚もののサイトでも、SEOを仕込んで主にYahoo!で上位表示させることは私にも可能だし、テンプレートも作れそうだ。

だがしかし、ペラサイトでGoogleのAdSense審査に通るのだろうか?

そこで、続けてググって見つけたのが次のページである。

アドセンス・ペラサイトを見つけて、Google AdSenseチームに質問

「熟年からはじめる海外アフィリエイト」というおもしろいサイトを見つけたので、早速フィードを登録した。

このサイトの、100%確実にアドセンスのポリシー違反を回避する方法 に、非常に驚く画期的なことが書かれてあるのだ。

文体もこなれていて、とてもいいブログなので、ぜひ本文に当たっていただきたいが、ここでは石崎がひとまず要約しておく。

もし、ペラサイトでAdSenseをはじめようとしたあなたは、

  1. ペラサイトでAdSenseをやっているページを数十あるいは百ほど見つけ出す。
  2. 見つけたアドセンス・ペラサイトのリンクをすべて添えて、これらは「アドセンスポリシー違反ではありませんよね?」と、Google AdSenseチームに質問する
    そのとき、かならず原文はコピペして保存しておく
  3. 2~3日後には、何の役にも立たないGoogle AdSenseチームからのメールが届く
  4. ここで数日ほど時間をおいて、おもむろに(2)のコピペにあるリンク先を片っ端からアクセスしていく
  5. そして、広告配信の停止またはアカウントの停止になっていないか、すべてのページで確認していく
    その際は、必ず「Google AdSense プレビュー ツール」を使うこと
    アドセンスポリシー違反のサイトは、広告配信またはアカウントが停止されている
  6. 広告配信やアカウントが停止されていないページを抽出して、これらに倣って自分もペラサイトを作ってAdSenseを申し込む

という手順を踏んで、ペラサイトでAdSenseをはじめるといいだろう。

生け贄によるAdSense可能サイトの召喚

上記のやり方が有効であるならば、ペラサイトに限らずAdSenseをはじめようとするアフィリエイターは、まず自分が作ろうとするものと似たサイトをピックアップし、全リンクを記述してGoogle AdSenseチームに質問すれば、非常に安全なAdSenseスタートとなるはずだ。

手っ取り早いのは、そういったアフィリエイトサイトは、何らかのテンプレートやツールを使っていることが多いので、これらのテンプレートやツールにリンクを張っているページを検索してみることである。

ソースの検索は、GoogleよりもYahoo!の方が精度がいい。あるいは他の検索エンジンも確かめてみるといいだろう。

ペラサイトの背景 ブログよりもWeb・HTML

ペラサイトのテンプレートやツールの配付・販売サイトで見かけた言葉だが、検索エンジンのアルゴリズム変更やペナルティ導入によって、ブログが上位表示できない、あるいはインデックス削除されるとあった。

ところが、ブログの前に通常のWeb、HTMLファイルは既にアルゴリズム変更やペナルティなどの洗礼を受けているので、とりたててブログよりペラサイトの方が有利というわけでもなかろう。

そういったファイル形式やサイト構造を一般化して、どちらが有利とか不利とか一概には言えないのである。

さらには、こうやってSEOをベースとして、いろいろな手法が開拓され発明され、さらには情報商材化され続ける。

検索のノイズは、市場経済としては避けられないことであり、そもそも検索エンジン自体がSERPs(検索結果画面)にノイズを注入しているわけだから、ここで岡っ引き根性を出して騒ぎ立てたり、倫理的に善悪を訴えても無駄である。

SEOにせよ、アフィリエイトにせよ、ブログにせよ、ペラサイトにせよ、すべては「善悪の彼岸」にある。

インターネットを通じて目に入るものについては、受益者負担、ユーザーの自己責任にならざるをえないのである。

追記:7分後にこのページがGoogle検索に

何と最短記録更新。Googleの「ペラサイト」の検索で、1ページ目に、しかも「7分前」と。

Googleの「ペラサイト」検索で、このページが7分後に

Googleの「ペラサイト」検索で、このページが7分後に

こりゃ、私もアフィリエイトをはじめようかな。

«
»