ニューヨークタイムズは生き延びられるのか 新聞やテレビの滅亡の兆候?

気になる記事。

  • 歌田明弘の『地球村の事件簿』: ニューヨークタイムズは生き延びられるのか

オンライン広告収入は伸びている。だがしかし…

何度も繰り返しているように、インターネットにおけるビジネスモデルは、

  1. 販売
  2. 課金
  3. 広告

の、3つしかない。

そして、新聞やテレビも、経営の屋台骨は広告収入である。あとは、自社コンテンツの出版やDVDなどの販売になるか。

ニューヨークタイムズも、オンライン版の方の広告収入は伸びているらしい。

だがしかし、本来の新聞紙版の方は、発行部数も広告収入も、落ち続けていると。

記事によると、Googleに代表されるインターネットの台頭も原因だろうが、もっとも大きいのはソーシャルメディアの隆盛ではないのか、とある。

結局は、新聞やテレビなどの有用性と、それを支えるビジネスモデルが、21世紀は特に乖離が顕著になってきたのである。

いつかは、必ず新聞やテレビはなくなってしまうのだろうか?

«
»