中国のSEO業者サイトをはじめて見た 出会いはコメントスパムから(笑

最近、よくコメントが寄せられている。ほとんどが、イナゴもしくはスパムである。

その中で目に止まったのが、「タイムリーな話題」と一言のコメント。

えっ、と思って削除しようとWordPressの管理画面にいってみると、同じコメントがスパム行きになっているではないか。
スパム認定コメントの方は、URLが書いてあった。

そこで、そのサイトを見たわけだが…

中国のSEO業者サイト

フィッシングやウイルス・ワームの類もなさそうなので、URLを書いておく。

  • http://seonews.lention.com.cn/
中国のSEO業者のサイト

中国のSEO業者のサイト

中国語?だから、何が書いてあるのかサッパリである(笑

ソースを見ると、

<!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.0 Transitional//EN" "http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-transitional.dtd">
<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=UTF-8" />
<meta name="generator" content="WordPress 2.6.3" />

と、文字コードはUTF-8、そしてWordPressで作ってある。

ちなみに、W3Cのバリデートでは、「124 Errors, 40 warning(s)」ということだった。

右サイドバーのタグクラウドに、Google、CSS、AdSenseといった文字があるのが印象深い。

日本の業者の下請け中国人で、コメントスパム、トラックバックスパム、ブログスパムに励んでいる話はよく知っていたのだが、中国にもSEO業者がいるってことに感動した。

«
»