グーグルAndroidのビジネスモデルは何か? MSのCEOバルマーの批判

MicrosoftのCEOであるSteve Ballmerが、オーストラリアで開催された投資家向けイベントで、GoogleのAndroidのビジネス的弱点を攻めた。

それでは、帝国を築いた大人が語るビジネスとは…

GoogleのAndroidのビジネスモデルとは

バルマーは、インターネットにおけるGoogleのビジネスモデルは、ある意味で称賛しているし、Microsoftも追いつき追い越せとGoogleを目標にしている。

しかし、彼によると、まずGoogleはAndroidを市場に投入するまでに時間がかかり過ぎていると言う。
つまり、Googleの技術力は、モバイルOSを簡単に公開できるほどのレベルに達していないと言いたげである。

次に、Androidには明確なビジネスモデルがないことを問題視する。
利益を得ることができないものでは、投資家を納得させることができないだろうと。(この発言は特に投資家向けの会合だったこともあるだろう)

結局、PCと同じ検索連動広告だけが収入をもたらし、AndroidはGoogle検索を普及させるためだけの手段だろうと。
利益がなく、手段に過ぎないモバイルOSを開発し続けることができるだろうか?

これは、それ自体は収益をもたらさず、Windowsの驚異を駆逐するためにタダでばらまき、ブラウザー戦争が終結した途端に開発がなおざりになった、Internet Explorerの例を頭に描いて言ったのかもしれないが…

しかし、GoogleはMicrosoftほどではないにしても、十分にお金持ちになっているわけだから、モバイルOSをタダでばらまいて先発を脅かし、後発の参入障壁を高くして、独り勝ちを強力に進めるという戦略もありだろう。

それにAndroidはオープンソースであるから、ボランティア的なマッシュアップも期待できる。
電話機メーカー自体も、自社で機能アップさせるだろう。

バルマーの論によれば、iPhoneはまともということだ。

そして逆に、バルマーに理解できないからこそ、Androidは成功を約束されるのかもしれない。

«
»