まぼろしの邪馬台国 アンビリバボー放送後Google急上昇ワードに Amazonは品切れ

昨日、夕食をとりながら「アンビリバボー」を見た。

吉永小百合・竹中直人主演の映画『まぼろしの邪馬台国』にあわせてか、原作者の宮崎康平・和子夫妻の超人的な姿に感動した。

ところで、この番組はフジテレビだが、映画の方はテレビ朝日がからんでいる。
ということは、映画の宣伝ということでもなかったようだ…

Google ChromeのiGoogle、急上昇ワードのガジェットでは、今(00:20)、「まぼろしの邪馬台国」が10位になっている。

それをクリックすると、映画の公式サイトと、Amazonのリンクが表示される。

  • 映画『まぼろしの邪馬台国』公式サイト

全画面Flashの、すばらしいサイトである(笑

Amazonの方は、講談社文庫の2巻ものになっていて、2008-08-12発売なのに両方とも品切れである。

11月1日からの上映で、しかもかなり前にアンビリバボーで取り上げられることも分かっていたはず。

何という怠慢だろう、講談社は。

ちなみに、ビーケーワンでは24時間以内に発送となっているので、書店には行けずすぐ欲しい人は、そちらへどうぞ。

すばらしい話のあとで、このような不細工な有様を見て、ガッカリである。

宮崎康平・和子夫妻と『まぼろしの邪馬台国』

さだまさしの「関白宣言」は、宮崎康平をモデルにしたらしい。

よって、そういう夫婦関係である。

奥さんがすばらしい。天才にして狂人同然の旦那さんをよく支えたと胸が熱くなる。

まだ見てないけど、映画はお勧めだと思う。役者もそろってるし。

さて、邪馬台国の方であるが、宮崎は自分の住んでいる島原と断定しているようだ。

文献学的には、九州説も機内説もありなのだが、考古学的には九州説はなくなっている。

私は、邪馬台国はどこでもいいと思っている。
そもそも古事記や日本書紀には、邪馬台国も卑弥呼も出てこない。出てこないのは、出さない・出したくない理由があるのではと勘ぐりたくなる。

そんなことよりも、倭国30余の連邦国家という形態の方が気になって仕方ない。

それから数百年後、倭国が百済とともに、唐・新羅連合と戦い、白村江で大敗したあと、いつのまにか日本と名乗ったことも引っかかる。
倭国と日本が別の国家、つまり首長が違う系統ということが考えられるのである。敗軍の王がそのままでいられるだろうか?

しかし、そんなこんなでも、日本最高の夫婦愛が築かれたのだから、邪馬台国にも価値があったのだろう。

宮崎和子さんに拍手を送りたい。
吉永小百合もそういう役を演じるのだろう。

«
»