サイトエクスプローラーのリンクスパム報告で目視チェック 90%以上がスパム

非常に衝撃的な記事が、Yahoo!検索 スタッフブログに載った。

いや、私はスパムはやってないから心配ないのだが。

リンクスパムとして報告されたURLのほぼすべてが「スパム」

これは、非常に重要な内容なので、自分用にもレジュメを作っておこう。

リンクスパムとして報告されたURLのほぼすべてが「スパム」 – Yahoo!検索 スタッフブログ

こんにちは。Yahoo!検索スパム担当ヒュケナです。

まず、「スパム担当」のポストがYahoo!に置いてあるとは…

Yahoo!検索 サイトエクスプローラーにはリンクスパム報告という機能があります。この機能は自分のサイトへ不適切なリンクがはられた場合、そのURLをYahoo!JAPANへ報告できるというものです。

これは知っていたが、サイトエクスプローラーで表示されている外部リンクは、すべて自分の知っているところばかり。のはずだが…

また、この機能はリンクを受けたサイトが「リンクファーム」の一部としてみなされ、ランキングの降格やインデックス削除の巻き添えにあわないようにして、良質のサイトを保護するという目的も持っています。

なるほど、競合の「カウンターSEO」で、スパムリンク張り込み作戦から免れることができるわけだ。

しかし、定期的にサイトエクスプローラーで、自サイトの外部リンクをチェックして、スパム狩りをする必要もありそうだ。

報告されたデータは、スパム判定機能の精度向上データに利用されたり、適切なランキングやインデックスの作成に反映をさせています。さらに、スパム報告データの精度を計測するために、ランダムな目視チェックを実施することもあります。

  • スパム判定機能の精度向上データ
  • 適切なランキングやインデックスの作成に反映
  • ランダムな目視チェック

これは、不気味な言葉が並ぶ。

スパムを判定し、順位を落としたりインデックスを削除したりする。目視でスパムを精査することもある。

整理すると、スパム報告のページがスパムかそうでないか、目視を交えてチェックを行い、スパム確定すれば、そのページを落としたり消したりするということか。

2008年5月14日のサイトエクスプローラーのリリース以降に報告された数万件のリンクスパムURLをランダムに抽出し、目視チェックを行ったところ、ほぼすべて(90%以上)がスパムサイトという結果でした。

これは、簡単に見過ごすことができない言葉である。

つまり、90%以上がスパムだったので、これからはスパム報告を受けたら即ペナルティという脊髄反射型処理を採るのか。
あるいは、10%以下だが、スパムでないものをスパムと誤報告があるので、やっぱり目視はキッチリやらなければ、と思うのか。

ともあれ、数万件のランダムチェックで90%ということに驚愕したとメッセージを発信しているのだから、これからのYahoo!の対応に要注目である。

スパムの手法はたくさんありますが、以下に代表的なものを記載します。

  • アフィリエイトのみで中身がないサイト。
  • ある特定のサイトへの誘導が目的のサイト。
  • 自動で作成された文章に、アフィリエイトを掲載しているサイト(いわゆる「ワードサラダ」)。
  • 他サイトからの引用で記事を作成し、アフィリエイトを貼り付けているサイト。

4つのうち3つはアフィリエイトである。

この文章から、アフィリエイトへの敵意が伝わってくる。

最後に、

その他スパムサイトの特徴はYahoo!検索 インフォセンターの「検索エンジンスパムとは」にも記載されています。これらに当てはまるサイトから自分のサイトへリンクが貼られた場合、ぜひYahoo!検索 サイトエクスプローラーよりご報告ください。

ということで、スパム報告の奨励である。

まあ、軽く考えれば、スパム抑止を期待したメッセージである。

深く考えれば、これからスパム撲滅をはじめる決意であろう。

くわばら、くわばら

«
»