{続報}トップページ(プチ)ダウンペナルティはキーワードではなくURL(ページ)にかかる?

先のエントリーで、トップページ(プチ)ダウンペナルティについてこう書いた。

トップページ(プチ)ダウンペナルティ ヤフーのアルゴリズム更新か?

ざっくりの所感では、「SEO」というキーワードに対して、ペナルティがかかっている可能性が高い。

というか、それを予想してTDP対策を打ってきているのである。

だがしかし、どうやらこれは間違っている可能性もある。

Yahoo!のサイトエクスプローラーに見るトップページ(プチ)ダウンペナルティ

あらためて、この公式ブログを日Yahoo!のサイトエクスプローラーで確認してみると、ここでの表示でもトップページ(プチ)ダウンペナルティの現象が。

日Yahoo!のサイトエクスプローラー

先のエントリーと同じように、WordPressのタグのページが上位表示されていて、トップページはプチダウンしている。

米Yahoo!のSite Explorerの方は、そうではない。

米Yahoo!のSite Explorer

きっちりトップページがトップに表示されて、WordPressタグページは22番目になっている。

念のため、米Yahoo!で「SEO塾 公式ブログ」を検索してみても、やはりトップページが一番目に表示される。

  • SEO塾 公式ブログ – Yahoo! Search Results
米Yahoo!の「SEO塾 公式ブログ」検索

ということは、キーワードによってペナルティがかかっている可能性もありそうだが、それよりもトップページそのもの、このURLもしくはページ自体にペナルティが科せられていると考える方が自然である。

つまり、どんなキーワード検索しても、わが公式サイトのトップページは、本来のSEOスコアからかなり減点されて検索結果に表示されるというわけだ。

もちろん、ペナルティの原因は、SEOのバランスが悪いということなのだろうが…

Yahoo!のツールの日米で表示も検索結果も異なるということは、Yahoo! JAPAN側でのキーワードを中心としたアルゴリズム(フィルター)の作用によって、このようなトップページ(プチ)ダウンペナルティが発動していると考えるべきである。

こうしてより一層、Yahoo!検索の謎が深まるのであった。

追記

とここまで書いて、先のエントリーにコメントが寄せられた。

サイトエクスプローラーの表示まで、今回の記事とほぼ同じである。

私の読み違いでなければ、リカバリーが当たりの場合のTDPの解消過程で、一過性のプチダウンが発生するだけだと…

«
»