新SEOブログ 新ドメインでリニューアル – SEO完全カスタマイズのWordPressテーマ

先日、WordPress(以降WPと略)のテーマ制作者を募集したのだが、メールをいただいた数社の中でもっともWPに精通し実績もあるイーティーネット株式会社に外注し、ほぼSEO的に完璧なWPブログとして公開することができた。

検索エンジンのYahoo!対Googleのごとく、ブログツールも日本ではMovable Type(以降MTと略)が非常に普及している。だがしかし、現在の世界標準は、もっともユーザーが多いブログはWordPressである。

思うところあって、将来的なビジネスモデルの実現のために、SEO塾/(株)アルゴリズムとしても慣れ親しんだ、SEO的加工に習熟していたMTから、WPに乗り換える必要に迫られていた。

ところが、WPはSEO的に大きな弱点をかかえていたのである。

WordPressもMovable Typeも、デフォルトではSEOに難がある

思えば、数年前にMTに目を付けたときも、デフォルトのテンプレートではSEO的に使い物にならなかった記憶がある。

ところで、さすがは世界標準のブログツール、WPにはサードパーティによるプラグイン開発が盛んで、実際、クールな非常に驚くべき機能を実現するものが数多くそろっており、ブログを運営するにはもの凄く快適な環境が整っているのである。本当にすばらしい。

だがしかし、WPのプラグインは秀逸な機能を実現するとともに、やや面倒臭いソースを書き出すことが多いのである。しかも特にhead要素に。</body>直上あたりでお茶を濁してくれればいいものを…

それゆえ、イーティーネット社には多大の修正を要請し、意思統一を図りながらここまで練り上げてきた。

塾生ならご存じとは思うが、SEO塾フォーマットというかたちで上位表示の確率が高いHTMLソースを開発しているのだが、今回のWPテーマについては、さらにバージョンアップさせている。

SEO塾は、検証に力も時間も割いている。
2つのWPブログである程度、SEOの効果が測定できたときには、SEO塾の理論もバージョンアップすることとなる。

さらには、WPテーマの配付なども射程に入ってくるだろう。

WPのプラグインは、ひとつ間違えばスパム

なお、クールな機能を付加するWPのプラグインではあるが、ソースをつぶさに確認していくと、どうも余計なことをするきらいがあるようだ。

端的に言えば、スパムっぽいのである。

link要素やtitle要素。また各プラグインはコメントアウトもダラダラ書き込んでくれる。

結論としては、イーティーネット社には定番とも言えるようなプラグインの多くを外していただくように要望していった。

また実は、WPはデフォルトでも気に入らない箇所がいくつか見られるのである。

もっとも、MTも同様であって、できあいのテンプレートには要注意である。

要するに、SEO的な正邪を見抜き、ブログツールのソースを判定できなければならないのである。

«
»