SEOブログ 2013-2015(アルゴリズム社SEOブログ書庫)

「12.12」のアルゴリズムと地域ポータルの優劣 自動ペナルティのチェック項目 SEO覇道新書(有料メルマガ)1月22日発行

12.12以降の地域ポータルの成功と失敗。自動ペナルティの検知力もパワーアップ

SEO覇道新書(有料メルマガ)第三期

SEO覇道新書 第76号は、2015年1月22日 発行

12月12日あたりのアルゴリズム変更、分析の最終版。
自動ペナルティ回避と解除のための、理論の展開。


“「12.12」のアルゴリズムと地域ポータルの優劣 自動ペナルティのチェック項目 SEO覇道新書(有料メルマガ)1月22日発行” の詳細は »

12.12(ヴェニス・アップデート?)にローカルSEOは無力 SEO覇道新書(有料メルマガ)1月8日発行

SEOスコアが分からないと、SEOスコア以外の順位変動や、SEOスコアを増減させるGoogleの作為などを解明することは不可能

SEO覇道新書(有料メルマガ)第三期

あけまして、おめでとうございます。

早速ですが、
SEO覇道新書 第75号は、2015年1月8日 発行

12月12日あたりのアルゴリズム変更を徹底分析。


“12.12(ヴェニス・アップデート?)にローカルSEOは無力 SEO覇道新書(有料メルマガ)1月8日発行” の詳細は »

12.6変動の大解剖 冤罪の急下降はいずれ上昇する Googleバグ想定 SEO覇道新書(有料メルマガ)12月25日発行

12.6変動だけでなく、再起や急上昇、上昇と下降、急下降などは何が問題なのか?

SEO覇道新書(有料メルマガ)第三期

SEO覇道新書 第74号は、2014年12月25日 発行


“12.6変動の大解剖 冤罪の急下降はいずれ上昇する Googleバグ想定 SEO覇道新書(有料メルマガ)12月25日発行” の詳細は »

12月5日あたりのGoogleの変動 ペンギン3.0と共通するサイトの脆弱性 SEO覇道新書(有料メルマガ)12月11日発行

Googleで順位変動が起こるのはサイトのパターンに問題あり。脆弱性がペナルティを召喚

SEO覇道新書(有料メルマガ)第三期

SEO覇道新書 第73号は、2014年12月11日 発行


“12月5日あたりのGoogleの変動 ペンギン3.0と共通するサイトの脆弱性 SEO覇道新書(有料メルマガ)12月11日発行” の詳細は »

 

ペナルティとトレンド・タイプ・パターン WordPressのSEO SEO覇道新書(有料メルマガ)11月27日発行

順位のトレンド、サイトのタイプ、SEOのパターンによって、今後のペナルティを予測したい

SEO覇道新書(有料メルマガ)第三期

SEO覇道新書 第72号は、2014年11月27日 発行


“ペナルティとトレンド・タイプ・パターン WordPressのSEO SEO覇道新書(有料メルマガ)11月27日発行” の詳細は »

ペンギン3.0被害サイトの予想外の共通点 SEO覇道新書(有料メルマガ)11月13日発行

ヤフカテページも落ちるペンギン・アップデート3.0でダメージを受けたサイトの問題は、まるでパンダ!?

SEO覇道新書(有料メルマガ)第三期

SEO覇道新書 第71号は、2014年11月13日 発行

世間を騒がせている?
ペンギン・アップデート3.0ですが、
なんとなんと、Yahoo!カテゴリのページも、順位ダウンしています。


“ペンギン3.0被害サイトの予想外の共通点 SEO覇道新書(有料メルマガ)11月13日発行” の詳細は »

 

マネーボールと統計学 ポール・デポデスタの打者評価、ボロス・マクラッケンの投手評価

統計学を予測に活用して、得点予測、失点予測、得失点によってピタゴラス勝率

シグナル&ノイズ 天才データアナリストの「予測学」:ネイト・シルバー

マネーボールとSEOのテーマは、
まず、データを取ること、数値化すること、目の前の事象に対して理論的な根拠を見出すことである。
(順位ダウンしたらペナルティ! というパブロフの犬を卒業することが必須)

そして、データからひろう項目とすてる項目を分別すること、シグナルとノイズの仕分けが肝要である。


“マネーボールと統計学 ポール・デポデスタの打者評価、ボロス・マクラッケンの投手評価” の詳細は »

マネーボール前史 サンディ・アルダーソンとビル・ジェームズからビリー・ビーンへ

メジャーリーグの統計学的アプローチは、野球人からは出てこない。むしろ自分たちの常識を否定する理論を抹殺

『マネーボール』が破壊したメジャーリーグの歴史と伝統

メジャーリーグの統計学的アプローチは、当然ながら野球人から出たものではない。
むしろ彼らは、科学的な理論を拒否し排除し黙殺した。

組織論的に、選手や監督、スカウトよりも権限が上の、GMやオーナーがマネーボール(セイバーメトリクス)を導入する意志決定をした球団のみが、それを採用した。
オークランド・アスレチックスの実績が、他球団のセンスのあるオーナーを変えていったのである。

これ以降、ビリー・ビーンを例外として、野球経験のない人たちが、GMや球団フロント幹部に成り上がっていくが、むしろその人たちを採用していくオーナーのほうがすばらしいと思う。

ゲームの勝ち負けは、現場からオフィスに、主導権が移っていくのである。


“マネーボール前史 サンディ・アルダーソンとビル・ジェームズからビリー・ビーンへ” の詳細は »

 

ビリー・ビーンのマネーボールが評価する出塁率・長打率、評価しない犠打・盗塁・打点・得点圏打率

ビリー・ビーンのマネーボールを理解して、科学的アプローチで成功確率(得点期待値)を高め、プロや専門家の常識を破壊して失敗を回避

マネーボール:ブラッド・ピット

ビリー・ビーンがオークランド・アスレチックスで展開しているマネーボールは、統計学的データにもとづく選手の獲得と管理。

SEOでも野球でもなんでも
統計学を用いるということは、成功するパターンを科学するということである。

もうひとつの意味は、その道の専門家が常識とうたっていることがらが、じつはまったく間違っている可能性がある。
よって、歴史と伝統のある常識を墨守して失敗する確率を、下げるということでもある。


“ビリー・ビーンのマネーボールが評価する出塁率・長打率、評価しない犠打・盗塁・打点・得点圏打率” の詳細は »

SEOと統計学と野球 『マネーボール』が破壊したメジャーリーグの歴史と伝統

犠打、盗塁、打点、得点圏打率、防御率、自責点、勝利数、セーブが評価されないマネーボールとは、これいかに?

『マネーボール』が破壊したメジャーリーグの歴史と伝統

検索結果はページのキーワードSEOスコア順に並べられる
これがアルゴリズム社の仮説であり、
この統計学的アプローチによって、SEOの理論と実践を推進している。


“SEOと統計学と野球 『マネーボール』が破壊したメジャーリーグの歴史と伝統” の詳細は »