SEOラグナロク 塾公式ブログの保管庫(主に二代目)

このブログの新しい記事は、左サイドバーの「最近の投稿記事」から。
またはヘッダー下ナビゲーションの「SEOブログ(四代目)」、
あるいは左サイドバー一番上の「アルゴリズム社のSEOブログ集大成」をクリック。

神々の黄昏 ラグナロク 絶対的な権威や視座などの終焉

神々の黄昏は、神々の終焉。
もちろん、「黄昏」は「たそがれ」と読む。

「神々の黄昏」から、何を思い浮かべるか?

ルキノ・ヴィスコンティとリヒャルト・ヴァーグナーの神々の黄昏

何年も前に、Yahoo!オークションでヴァーグナーの『ニーベルングの指輪(以下 指輪)』のDVDを落札。
この楽劇は、トータル14時間を超える大作である。

ゆえに、映像を見ながらでは、仕事ができない(笑)
しかも、大学時代はドイツ語が第一外国語だったにもかかわらず、ドイツ語を聞いてもまったく分からない…

つまり、ヒマを作って画面にかぶりつきになる必要がある。
あえて、廉価な輸入盤を敬遠して、日本のレーベルから発売されている日本語字幕付きを選んだ。

ワーグナーかヴァーグナーか

ところで、ヴァーグナーは日本ではほとんどワーグナーである。
『指輪』の中のヴァルキューレもワルキューレとかバルキリーとか…

ベートーヴェンと書かれることが多いだけに、ヴァーグナーは扱いがよろしくない。

さて、DVD鑑賞を補完するために『指輪』の日本語訳詞などが欲しくなる。

ALI PROJECTのアルバム『神々の黄昏』

Amazonで検索していると「神々の黄昏」のキーワードで、ALI PROJECTに遭遇してしまった…
そして、ALI PROJECTの『神々の黄昏』というアルバムを、Amazonで購入。

貴族にしてマルクス主義者?の映画監督ヴィスコンティと「神々の黄昏」

話は変わって、天才ヴァーグナーに資金援助、パトロンとなったのが、バイエルン国王(当時)ルートヴィヒ2世である。

ルキノ・ヴィスコンティが撮ったルートヴィヒ2世がモデルの映画の題名が『ルートヴィヒ』であり、日本では最初は『ルードウィヒ/神々の黄昏』となっていた。

さらに、ヴィスコンティ監督の有名な『地獄に堕ちた勇者ども』の原題も、なんと「神々の黄昏」だったのである。

この「神々の黄昏」とは、鋭意な創作家をよほどくすぐるのだろう。日本語の響きもいい…

黄昏れた神々とは、キリスト教の神とは違う

ヴァーグナーと親交のあった哲学者ニーチェが、ツァラトゥストラに語らせた「神は死んだ」の神はキリスト教の神であるが、それは唯一神なので神々ではない。

『指輪』は北欧神話から採られており、キリスト教が支配する前のゲルマンの土着神こそ神々なのである。

そして、神々の黄昏は「ラグナロク Ragnarok」とも呼ばれ、北欧神話にはスレイプニルやフェンリルという神獣・怪物も登場する。

つまり、神々の黄昏は、偉大な芸術作品から、ポビュラー音楽、ゲーム、マンガ、アニメ、ブラウザーとその開発企業?にまで広く深く浸透していると言えるだろう。

ユダヤ教、キリスト教、イスラム教は、同じ神…

最後に、ユダヤ教の神と、キリスト教の神は、同じ神である。
さらに、イスラム教の神、コーランに書かれている神は、ユダヤ教・キリスト教の聖書に書かれている神と同じ神なのである。

世界の紛争の大部分が、同じ神を信仰する者たちの戦争であるなら、げに恐ろしい…

彼らの信仰で語られる神(ヤハウェ、アッラー)と、日本の八百万(やおよろず)の神、天津神・国津神ともまったく違っているし、キリスト教やイスラム教の神については理解不可能と思うべきだろう。

クラシック音楽のオタク(クラオタ)が、バッハは音楽を神に捧げたとか、ブルックナーは交響曲で神への敬いと愛を表現したとか、わけの分からない寝言をもらしている。

バッハはプロテスタント(ルター派)であり、ブルックナーはカトリック。

キリスト教の微妙な差異を知らずして、天神地祇のように自然に宿る神を表象して、したり顔で講釈しているならば、まことに滑稽極まりない。

宗教や神については、軽々しく語らない方がいい。

知らないことを知っているふりをするから、おかしくなるのである。

SEOのラグナロクとは?

SEOに関する何かが終焉を迎えることである。

今後のエントリーの中で、滅ぶものを記述していくことになるだろう。

パンダやペンギンで騒いでいる人たちが終わることかもしれないし、
外部リンクに頼らないという人たちが終わっていることかもしれない。

そもそも、SEOでインターネットビジネスのすべてをカバーすることは、お門違いもはなはだしい。
SEOは集客の、そのまた一部分を担当するだけである。

ただ、ビッグキーワードで1ページ目を奪取すれば、月収数百万ともの凄い収入になることも確かだ。
それが、SEOの本来のミッションである。

王道と詐称する従来型の無策のSEOが黄昏れて、覇道のSEOが鳴動する…

誤解されたSEOの幻想も、終わるべきだし、
頂点を目指さないSEOも、終わるべきである。

黄昏れない、覇道のSEOは、選択と集中と分散である。
今後、この理論と実践を展開していこう。

SEO塾は www.algorism.co.jp または www.hyperposition.com へどうぞ

パンダペンギン不自然リンクのメッセージなど、困ったときは algorism.co.jp

なにやら「SEO塾」で検索すると、このブログが一番になっていますね。
(2012年11月2日現在)


“SEO塾は www.algorism.co.jp または www.hyperposition.com へどうぞ” の詳細は »

SEOセミナー 新大阪 2月25日 ヤフー・グーグル検索の完全制覇を目指して

googleの5アルゴリズムと5パターンの順位アップ

ペナルティの発見とリカバリー対策はSEO塾の独壇場。

seoセミナーを新大阪で開催。


“SEOセミナー 新大阪 2月25日 ヤフー・グーグル検索の完全制覇を目指して” の詳細は »

Yahoo!のGoogle化対応版 SEOマニュアルは好評発売中です

日本の検索シェア90%となってしまうGoogleアルゴリズムの完全攻略をめざします

Yahoo!検索のGoogleエンジン切り替えにともなって、SEO塾では新しくSEOマニュアルを公開しました。


“Yahoo!のGoogle化対応版 SEOマニュアルは好評発売中です” の詳細は »

2010-06-23 SEO塾セミナー 博多

SEO塾がはじめて、海を渡って開催するセミナー

失敗する「SEO対策」と、成功するSEOを解説します。
ライバルサイトのSEOを評価して、どうすれば勝てるのかを追求します。

最短で上位表示する。これが目標です。


“2010-06-23 SEO塾セミナー 博多” の詳細は »

2010-07-08 SEO塾セミナー 福山

地元福山での、はじめてのセミナー

失敗する「SEO対策」と、成功するSEOを解説します。
ライバルサイトのSEOを評価して、どうすれば勝てるのかを追求します。


“2010-07-08 SEO塾セミナー 福山” の詳細は »

2010-06-08 SEO塾セミナー 梅田

今年1月以来の大阪・梅田でのセミナー

失敗する「SEO対策」と、成功するSEOを解説します。
ライバルサイトのSEOを評価して、どうすれば勝てるのかを追求します。

最短で上位表示する。これが目標です。


“2010-06-08 SEO塾セミナー 梅田” の詳細は »

2010-05-27 SEO塾セミナー 新宿

今年1月以来の東京・新宿でのセミナー

失敗する「SEO対策」と、成功するSEOを解説します。
ライバルサイトのSEOを評価して、どうすれば勝てるのかを追求します。


“2010-05-27 SEO塾セミナー 新宿” の詳細は »

SEO塾のキャンプとセミナー募集中! 新宿・梅田・博多・福山

キャラバン開始4月5月6月7月、セミナーや、高度内容の研修のキャンプ

マニュアル完成キャンペーンも大盛況に終わり、セミナー1回無料ご招待のフォローをしていきます。


“SEO塾のキャンプとセミナー募集中! 新宿・梅田・博多・福山” の詳細は »

2月22日SEO塾マニュアル完成! GYBに完全対応 TDP(トップページダウンペナルティ)も

早割?でセミナー1回無料など、超お得なキャンペーン実施中!!

2月22日、SEO塾の最高最強最新の検索エンジン対策マニュアルが、発売開始!

Google、Yahoo!、Bingの全検索エンジンに完全対応。

具体的に、ページのどの部分に、どのようなソースを書けばいいのか、上位表示が確実なモジュールを開発。
すぐ使える見本ソースも満載。


“2月22日SEO塾マニュアル完成! GYBに完全対応 TDP(トップページダウンペナルティ)も” の詳細は »